セアト・イビサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イビサ(Seat Ibiza)は、スペインの自動車会社・セアトが製造する、3/5ドアハッチバック型の小型乗用車。

歴史[編集]

初代(1984年 - 1993年)[編集]

初代イビサ

フィアット・リトモの姉妹車セアト・ロンダの足周り(サスペンション)およびエンジンブロック等の部品を流用し、1.2リットルおよび1.5リットルのエンジンを搭載、外装デザインはジウジアーロ、パワートレインはポルシェ、車体構造はカルマンがそれぞれ担当し1984年に初代モデルが発表された。ターボ装着も計画されていたが採用されなかった。発売当初の製造品質の評価は高くなく、エンジンやステアリングは鈍重とされ、スイッチ類の使い勝手の悪さも指摘された。大ヒットしたVWゴルフの2代目に非常によく似たデザインが採用され、丸目のゴルフを角目にしたような非常にすっきりとまとまったデザインだった。『Powered by Porsche』と記載された横長ステッカーがリアウィンドウ上部に標準状態で貼られている。この初代は5年後の1989年、さらに2年後の1991年と2度のマイナーチェンジが行われた。

日本への輸入は、1989年以前のモデルでエンジンは1.2と1.5リットル、グレードは1.2ジュニアと1.5GLX、色は赤と黒だった。並行輸入車の業界団体、外国自動車輸入協同組合(Faia)が合計数百台輸入し組合加盟業者により販売された。販売台数は公表されていない。

2代目(1993年 − 2001年)[編集]

2代目イビサ

1993年5月のバルセロナ国際自動車ショーで発表された。初代から継承されたのは車名のみで、車両そのものはこの年にセアト資本のほぼ100%を所得したフォルクスワーゲンの技術で開発され、格段のレベルアップを遂げたと評価された。精悍なハイデッキプロポーションの外観は引き続きジウジアーロが担当している。

エンジンはVWの1.05から2リットルが、サスペンションはゴルフから前輪用ストラットと後輪用半独立トレーリングアーム構造が流用された。ドイツの技術とラテンのセンスを併せ持ったモデルと評され、ヨーロッパ全土で成功を収め、1996年にはTDIディーゼル仕様(110馬力仕様もあった)や2リットルDOHC16バルブ、150馬力エンジン搭載の"CUPRA(クプラ:CUP RAcingから)SPORTS"などのバリエーションも登場した。

1999年夏に大掛かりなマイナーチェンジが実行された。3分割グリルによりさらに精悍さを増したフロント部、全く新しいダッシュボードデザインなどのデザイン変更という見た目の部分の変更の影で、ボディの安全対策強化と部品リサイクル性の向上なども含め、多岐に渡って改良が施されていた。エンジンでは1.0リットルから1.8リットルDOHC20バルブターボまでが準備されより多彩になった。1.4と1.6リットルには16バルブエンジンが採用されている。

3代目(2001年 - 2008年)[編集]

3代目イビサ

2001年末、イビサは先代モデルからの基本構造とエンジンバリエーションを継承したフルモデルチェンジをおこなった。最初に目につくのはスタイリングで、アルファ・ロメオのチーフデザイナーだったワルテル・デ・シルヴァが参加した肉感的なデザインとなった。室内や装備等も安全装備の充実等、時代に合わせて刷新されたものになっている。サスペンションはセアトがASR(Active Steeering Response)と名付けた、堅いショックアブソーバーと柔らかいバネを特徴としたコンセプトが採用されている。

2003年、イビサ最強モデルであるクプラが1.8リットルターボ180馬力と1.9リットルTDIディーゼル160馬力仕様としてモデルチェンジされ、外観もより高性能版としてのアピール性を高めている。従来からの1.8リットルターボ(150馬力となった)仕様は、クプラに次ぐ高性能仕様車「FR("Formula Racing"の意)」となった。後にターボディーゼルエンジンTDI車も改良され、1.9リットル130馬力TDIエンジン仕様として「FR」に追加されている。

4代目(2008年 - )[編集]

4代目イビサ

2008年に登場した4代目モデルはフォルクスワーゲン・ポロシュコダ・ファビアアウディ・A1とプラットフォームを共有する。スタイリングはルク・ドンカーヴォルケによって手がけられた。エンジンは1198ccが70CV、1390ccが85CV、1598ccが85CV、1422ccが90CV、1896ccが105CVとなる。スポーツモデルのクプラは1.4リットルのTSIに7速DSGを組み合わせている。

2012年にマイナーチェンジを実施し外装やグレード体系を変更、ガソリンエンジンは1197ccのTSI、1198ccの自然吸気仕様、1390ccのTSIとなり、GPL仕様では1598ccとなる。ディーゼルエンジンは1199cc、1598cc、1986cc(いずれもTDI)となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]