Ado (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ado
生誕 (2002-10-24) 2002年10月24日(18歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 2016年 -
レーベル Virgin Music
事務所 クラウドナイン
公式サイト Ado - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
Ado
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年 -
ジャンル 音楽
登録者数 101万人
総再生回数 116,620,769回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年2月5日時点。
テンプレートを表示

Ado(アド、2002年10月24日 - )は、日本女性歌手である。株式会社クラウドナイン所属。2020年ユニバーサルミュージック内のVirgin Musicからメジャーデビュー。

来歴[編集]

2019年12月23日に配信限定リリースされたくじらの楽曲「金木犀」に参加[1]

2020年3月29日に配信限定リリースされたjon-YAKITORYの楽曲「シカバネーゼ」に、ボーカリストとして参加[2]

同年10月15日にユニバーサルミュージックよりメジャーデビューすることを発表し[3]、同月23日にボカロPのsyudou書き下ろしの「うっせぇわ」を配信限定リリース。自身のYouTubeチャンネルで公開された同作のミュージックビデオは、同年11月14日時点で総再生回数500万再生を達成した[4]。また翌年1月23日時点で総再生回数4000万回を達成[5]。さらに2月18日にはYouTubeチャンネル登録者が100万人を突破した。

人物[編集]

  • 「Ado」という名前は、小学生の頃に『柿山伏』の授業を受けた際、脇役の「アド」という名前にかっこいいと思ったことから[6][7]
    • 中学校2年生から歌い手として活動しているが、小学校6年生の時点で「Ado」という名前で音楽活動をする旨を親に伝えていた[6]
  • 歌い手だった頃は自宅のクローゼットに通販で購入した防音材を一面に貼りつけてレコーディングを行っていたが、実際に防音出来ているかどうかは本人にも分かっていない[6]
  • 夢はさいたまスーパーアリーナをファンで埋め尽くしてライブを開催すること。[8]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 最高位
Japan
Hot 100
2020年10月23日 うっせぇわ デジタル・ダウンロード 3位[9]
2020年12月24日 レディメイド デジタル・ダウンロード N/A
2021年2月5日 うっせぇわ(Giga Remix) デジタル・ダウンロード N/A
2021年2月14日 ギラギラ デジタル・ダウンロード N/A

参加楽曲[編集]

発売日 アーティスト タイトル
2019年12月23日 くじら 「金木犀 feat. Ado」 [1]
2020年3月29日 jon-YAKITORY 「シカバネーゼ feat. Ado」 [2]
2020年5月11日 吐息 「ANEMONE (feat. Ado)」
2020年6月30日 南雲ゆうき 「Stick Candy (feat. Ado)」
2020年8月14日 biz 「東亰カニバリズム biz feat Ado」
2020年8月28日 jon-YAKITORY 「イート feat.Ado」
2020年9月11日 biz 「フロイトメタ biz feat Ado」
2020年9月21日 Linmu 「お洒落番長 (feat. Ado)」
2020年9月23日 泣き虫☔︎ 「Shake It Now. (feat. Ado)」
2020年12月11日 jon-YAKITORY 「フェイキング・オブ・コメディ feat.Ado」
2020年12月12日 柊キライ 「ラブカ? (feat. Ado)」
2021年2月1日 ミコ吉 「Radio Noise (feat. Ado)」

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b くじら、「金木犀 (feat. Ado)」を配信開始”. THE MAGAZINE. チューンコアジャパン (2019年12月23日). 2020年11月20日閲覧。
  2. ^ a b Ado迎えたjon-YAKITORY「シカバネーゼ」バイラル好調 “やり場のない心情”を描いた現代のミクスチャーロック”. Real Sound (2020年6月16日). 2020年11月20日閲覧。
  3. ^ “Ado、17歳最後の日にメジャーデビュー”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2020年10月15日). https://www.barks.jp/news/?id=1000190762 2020年11月20日閲覧。 
  4. ^ “18才シンガーAdo、デビュー曲「うっせぇわ」500万再生突破:【音楽】”. MusicVoice (アイ・シー・アイ). (2020年11月14日). https://www.musicvoice.jp/news/202011140169472/ 2020年11月20日閲覧。 
  5. ^ Ado_Staffの公式ツイート” (日本語). Twitter. 2021年1月23日閲覧。
  6. ^ a b c バズリズム02” (日本語). 日本テレビ. 2021年2月13日閲覧。
  7. ^ Inc, Natasha. “Adoと崎山蒼志が注目の10代アーティストとして「バズリズム」登場” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年2月13日閲覧。
  8. ^ Ado先生が初来校!!! 様々な質問に答えてもらった! | SCHOOL OF LOCK! | 生放送教室”. 未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK!. 2021年2月21日閲覧。
  9. ^ 【ビルボード】乃木坂46「僕は僕を好きになる」総合首位獲得 優里「ドライフラワー」総合2位、Ado「うっせぇわ」総合3位に上昇 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]