宇佐崎しろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇佐崎 しろ
生誕 (1997-12-27) 1997年12月27日(23歳)
日本の旗 日本奈良県
国籍 日本の旗 日本
職業 イラストレーター
活動期間 2017年 -
ジャンル 少年漫画
代表作アクタージュ act-age
テンプレートを表示

宇佐崎 しろ(うさざき しろ、1997年12月27日[1] - )は、日本イラストレーター奈良県出身[2]

経歴[編集]

宇佐崎は当初Twitter等のSNSで活動し、好きなキャラクターのイラストなどを上げていた。マツキタツヤがTwitterアカウントに予知夢がテーマの漫画を上げていたのを機に相互フォローした。また、宇佐崎が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた『左門くんはサモナー』(沼駿)のファンアートをTwitterに上げたことで、同作の担当編集者だった村越周からも認識された[1][2]

その後、マツキが『週刊少年ジャンプ』の原作志望者を対象とした新人漫画賞ストキンPro』で準キングを受賞。受賞作『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』の作画担当にマツキが宇佐崎を指名し、担当編集の村越が『左門くん』公式twitterからオファーをかける[1][2]。宇佐崎は漫画を描いた経験がなかったため、地元の奈良県から東京に来て、『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)の原稿を見るなどして『阿佐ヶ谷』を描き上げた[2]。『阿佐ヶ谷』は『週刊少年ジャンプ』2017年9号に掲載されデビューする[3]

当初はマツキ原作の読切を何作か作画し、経験を重ねた後に連載を始める予定だったが、『阿佐ヶ谷』の数年後を舞台にした『アクタージュ act-age』の連載企画が通ったため、いきなり連載デビューすることになった[2]

人物[編集]

趣味は万年筆集め。好きな作品は『ワールドトリガー』、『左門くんはサモナー[4]

作品[編集]

漫画[編集]

全て作画担当

  • 『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』 - デビュー作。読切。原作:マツキタツヤ。『週刊少年ジャンプ』2017年9号掲載
  • アクタージュ act-age』 - 連載。原作:マツキ。『週刊少年ジャンプ』2018年8号 - 2020年36・37合併号
  • 『炎眼のサイクロプス』 - 読切。『週刊少年ジャンプ』2021年3・4合併号。原作:石川理武

イラスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 原作者と作画担当は仲がいい? ジャンプ人気連載チームに聞きました! ananニュース 2018年7月27日公開 2018年10月17日閲覧
  2. ^ a b c d e 「『アクタージュ act-age』が、人生で2回目に描いたマンガなんです」漫画家・宇佐崎しろ×原作・マツキタツヤ×担当編集の「裏話座談会」! 週プレNEWS 2019年2月10日公開 2019年2月11日閲覧
  3. ^ ジャンプ最新号に掲載された読み切りが話題に『阿佐ヶ谷』 ダ・ヴィンチニュース 2017年1月31日公開 2018年10月17日閲覧)
  4. ^ 『週刊少年ジャンプ』2017年9号186ページ
  5. ^ 宇佐崎Twitter 2020年11月21日(2020年11月29日閲覧)
  6. ^ 宇佐崎Twitter 2020年11月26日(2020年11月29日閲覧)

外部リンク[編集]