NexTone Award

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

NexTone Award(ネクストーンアワード)は、NexToneが主催する日本の音楽に関する賞2017年創設。

概要[編集]

原則としてNexToneに著作権管理を信託している楽曲の中で、前年(1 - 12月)の著作権使用料分配額が多い楽曲に対して与えられる。日本音楽著作権協会(JASRAC)におけるJASRAC賞に相当する。また楽曲ではなくプロジェクト・アーティストに与えられる特別賞も存在する。

JASRAC賞とは異なり他の企業の協賛を受けている点も特徴で、2018年現在はローソンHMVエンタテイメントが協賛している。

部門[編集]

Gold Medal・Silver Medal・Bronse Medal
著作権使用料分配実績の上位3作品に与えられる。JASRAC賞の「金・銀・銅賞」と同趣旨。
特別賞
NexToneが手掛けている「デジタルディストリビューション事業」や「キャスティング事業」などとの共同作業を通じて、大きな実績・話題を創出したプロジェクトやアーティストを表彰するとされている[1]

過去の受賞曲・受賞者[編集]

2017年

2018年

2019年

  • Gold Medal In Two(作詞・作曲:Kenichi Anraku、sorano、Ryo Ito、Adam Kapit)
  • Silver Medal 小さな恋のうた(作詞:上江洌 清作、作曲:MONGOL800)
  • Bronse Medal LOSER(作詞・作曲:米津 玄師
  • 特別賞 MONGOL800

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]