メガテラ・ゼロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メガテラ・ゼロ
別名 ラスト・はる(旧名義)
生誕 (1991-09-12) 1991年9月12日(31歳)[1]
出身地 日本の旗 日本広島県福山市[2]
ジャンル ロック
ポップ・ミュージック
バラード
アコースティック
エレクトロニカ
職業 歌手
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
活動期間 2011年12月 -
レーベル ポニーキャニオン
2019年 - 2021年
フォーライフミュージックエンタテイメント
(2021年 - )
共同作業者 Mr.FanTastiC
BLUES DRIVER
公式サイト Twitter (@megater_0)
メガテラ・ゼロ
YouTube
チャンネル
活動期間 2015年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約79.4万人
総再生回数 約4億1889万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年9月10日時点。
テンプレートを表示

メガテラ・ゼロ1991年9月12日 - )は、日本の男性歌手シンガーソングライター。ロックバンド・Mr.FanTastiCのボーカル。広島県福山市出身、大阪府在住。血液型はO型[1]。歌い手として、ニコニコ動画およびYouTube歌ってみた動画を投稿している。

略歴[編集]

小学校から高校までサッカーをやっていて、高校にはスポーツ推薦で入学した[3]。しかし本当はずっと音楽がやりたかったため、高校3年生の時に試合の途中で変えてしまった[3]。その後は柔道部に籍だけを置き、部活動の時間は筋トレをして過ごしたという[3]

高校時代にもバンドを組んでいたが[4]、19歳の時に上京し、路上ライブなどの活動を開始[5]。東京での生活は厳しく、食べ物がないために雪を食べ、その際にホームレスと仲良くなって一緒に冬を乗り越えたというエピソードがある[3]

2011年12月16日、「ラスト・はる」の名義で、ニコニコ動画への投稿活動を開始[6]2013年7月に現在の名義に変更した[7]

2016年、ギタリストの詩郎、ベーシストのろまん西野、ドラマーの大達一真とともにロックバンド「メガロ」を結成し、ギター兼ボーカルとして活動した[8]。しかし2018年、大達の持病の悪化により解散[9]。同年6月、ギタリストでボカロPのナナホシ管弦楽団らとともに新バンド「Mr.FanTastiC」を結成した[10]2019年6月には同バンドがポニーキャニオンからメジャーデビュー[11](2021年にフォーライフミュージックエンタテイメントへ移籍)。翌年4月、ろまん西野ともユニット「BLUES DRIVER」を結成した[12]

ニコニコ動画、YouTubeにおいてともに最も視聴回数の多い「シャルル」(バルーン)のカバー動画は、2022年4月現在、ニコニコ動画[13]1,000万回、YouTube[14]で3,300万回を記録している超人気作である。

2021年9月、YouTubeとニコニコ動画に「僕の春夏秋冬」を投稿し、ボカロPとしての活動も開始。2022年2月にはフォーライフミュージックエンタテイメントより、ボカロPとして作詞曲を手掛けた楽曲群のセルフカバーのサブスクリプション配信が始まり、個人名義でのメジャーデビューを迎えた[15]

人物[編集]

ディスコグラフィー[編集]

自主制作[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
1st 2018年5月30日 いつかのワンダーランド/
セブンスター/赤ずきんちゃん
全3曲
  1. いつかのワンダーランド
  2. セブンスター
  3. 赤ずきんちゃん
ろまん西野との共作CD。

メジャー[編集]

フォーライフミュージック
配信シングル
発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2022年2月9日 RestartSmile DISA-0369 新曲
僕の春夏秋冬 DISA-0370
ヒロイン DISA-0371
から DISA-0372
2nd 2022年2月16日 わっかんない DISA-0376 新曲
グリード DISA-0377
flying in the sky DISA-0378
そんなもんさ DISA-0379
3rd 2022年4月15日 MUSIC TIME DISA-0395
ヘヴンリースローリー DISA-0393
フューリア DISA-0390
染まれ DISA-0394
シーラ DISA-0392
シークレットブーツ DISA-0391
4th 2022年6月29日 イージーソング DISA-0411
君の未来を僕が買えたら DISA-0412
それだけ DISA-0413
LIFE IS BEAUTIFUL DISA-0414
プリーズ DISA-0415
ash DISA-0416
5th 2022年7月29日 弱虫のラブソング DISA-0420
MANIAC DISA-0421
煙、花火 DISA-0422
手を振ろう DISA-0423
6th 2022年8月31日 ショートケーキ DISA-0430
マシンガンレイディ DISA-0431
アラライ DISA-0432

主なライブ[編集]

  • 2015年7月15日 - ACOUSTIC BUTTERFLY vol.1
  • 2015年8月24日 - ACOUSTIC BUTTERFLY vol.3
  • 2015年9月14日 - Sounds Cocktail vol.18
  • 2015年10月15日 - ACOUSTIC BUTTERFLY vol.5
  • 2016年1月7日 - 新春!雑煮ナイツ
  • 2016年4月21日 - 「本音日和」
  • 2016年5月31日 - ESAKA MUSEに逢える喜び
  • 2016年10月29日 - 「SSW16」 SINGER SONG WRITERS 2016
  • 2018年10月21日 - 大柴広己×Zepp Diver City presents『SSW18-EAST』
  • 2019年5月11日 - ちゃんげろソニック2019
  • 2019年11月9日 - 大柴広己presents「SSW19」
  • 2020年11月7日 - 大柴広己presents「SSW20」

脚注[編集]

  1. ^ a b メガテラ・ゼロ - Amebaプロフィール”. Amebaブログ. 2019年1月27日閲覧。
  2. ^ メガテラ・ゼロ [@megater_0] (2015年8月24日). "広島の福山です!" (ツイート). Twitterより2019年2月1日閲覧
  3. ^ a b c d Mr.FanTastiC インタビュー - 激的アルバイトーーク!”. BOMS. バイトル (2019年9月2日). 2019年9月4日閲覧。
  4. ^ a b 山口智男 (2019年7月). “Mr.FanTastiC インタビュー”. Skream!. 2019年7月閲覧。
  5. ^ 始まりました東京生活”. Amebaブログ (2011年2月16日). 2019年1月27日閲覧。
  6. ^ (100円マイク)訳もわからず(マトリョシカ)”. ニコニコ動画 (2011年12月16日). 2019年1月27日閲覧。
  7. ^ [メガテラ・ゼロ]敗北の少年[少女も可]”. ニコニコ動画 (2013年7月25日). 2019年1月27日閲覧。
  8. ^ メガテラ・ゼロ”. Twitter (2016年9月1日). 2019年1月27日閲覧。
  9. ^ メガロofficial 頑張ります!”. Twitter (2018年6月9日). 2019年1月27日閲覧。
  10. ^ Mr.FanTasiC_official”. Twitter. 2019年1月27日閲覧。
  11. ^ メガテラ・ゼロがボーカルを務めるロックバンド「Mr.FanTastiC」メジャーデビュー決定!6月19日にメジャーデビューシングル『絶走』と全国流通盤アルバム『START DASH TURBO』を2枚同時リリース!”. Pony Canyon News (2019年4月26日). 2019年4月26日閲覧。
  12. ^ メガテラ・ゼロ×ろまん西野、新ユニット「BLUES DRIVER」始動”. BARKS (2020年4月8日). 2020年4月8日閲覧。
  13. ^ シャルル 歌ってみたのはメガテラ・ゼロ”. ニコニコ動画 (2016年10月22日). 2020年4月4日閲覧。
  14. ^ シャルル 歌ってみたのはメガテラ・ゼロ”. YouTube (2016年10月22日). 2020年4月4日閲覧。
  15. ^ 歌い手のメガテラ・ゼロ、サブスクを解禁&2週連続新曲配信リリースが決定”. OKMusic (2022年2月7日). 2022年2月16日閲覧。
  16. ^ a b MR.BIGを超える!? 「汗あり涙なしのファンタスティックロックバンド」Mr.FanTastiC!”. recolog (2019年6月27日). 2019年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]