応勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
応勇
Ying Yong.jpg
応勇、2019年。

Template:Country alias CPCの旗 湖北省委書記
在任期間 2020年2月13日 -

中華人民共和国の旗 上海市人民政府市長
在任期間 2017年1月20日 - 2020年2月13日

基本情報
生年月日 1957年11月 (62歳)
出生地 中華人民共和国の旗 中国浙江省仙居県
出身校 浙江大学
中国共産党中央党校
所属政党 Danghui.svg 中国共産党
テンプレートを表示
応勇
各種表記
繁体字 应勇
簡体字 應勇
拼音 Yīng Yǒng
テンプレートを表示

応勇(おう ゆう、1957年11月 - )は、中華人民共和国の官僚、政治家。浙江省仙居県出身。湖北省委書記[1]。浙江省高級人民法院院長、上海市高級人民法院院長、上海市委副書記、上海市市長などを歴任した。

経歴[編集]

1957年11月、浙江省仙居県で生まれる。

1992年8月、紹興市委常委、紹興市公安局党委書記、局長に就任。翌年4月、紹興市委常委、政法委書記、紹興市保密委主任、紹興市總治委主任、紹興市公安局党委書記、局長に就任。

1995年5月、同省杭州市に転任し、浙江省公安庁副庁長、党委委員、浙江省禁毒弁主任、浙江省反恐弁主任を歴任。2003年9月、浙江省委紀委副書記、浙江省監察庁庁長に昇格。在任中の仕事振りは、当時の浙江省委書記・習近平からも賞賛された。

2007年12月、上海市に移り、上海市高級人民法院党組書記に任命される。翌年1月には上海市高級人民法院院長を兼務する。

2013年4月、上海市委常委、組織部長に就任。翌年7月、上海市委副書記、浦東幹部学院第一副院長に任命。2016年9月14日には上海市常務副市長を兼務する[2]。2017年1月20日、上海市第14期人民代表大会第5回会議において上海市市長に任命された[3]

2020年2月13日蒋超良の後任として、湖北省委書記に任命された[4][5]

脚注[編集]


司法職
先代:
張啓楣
浙江省高級人民法院院長
2005年12月-2007年12月
次代:
斉奇中国語版
先代:
滕一竜中国語版
上海市高級人民法院院長
2008年1月-2013年4月
次代:
崔亜東中国語版
官職
先代:
朱孝清中国語版
浙江省監察庁庁長
2003年9月-2006年3月
次代:
陳艷華
先代:
屠光紹中国語版
上海市人民政府常務副市長
2016年9月-2017年1月
次代:
周波
先代:
楊雄
上海市人民政府市長
2017年1月-2020年2月
空位
党職
先代:
李希中国語版
上海市委組織部部長
2013年4月-2014年7月
次代:
徐沢洲中国語版
上海市委専職副書記
2014年7月-2017年1月
次代:
尹弘中国語版
先代:
蒋超良
湖北省委書記
2020年2月13日-
現職