ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣 (ディズニーソング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣
セリーヌ・ディオンピーボ・ブライソンシングル
初出アルバム『美女と野獣 オリジナル・サウンドトラックセリーヌ・ディオン
リリース
規格 CDシングルカセットシングルレコード
録音 1991年10月、ライト・トラックレコーディング、プラント・レコーディング・スタジオ
ジャンル ポップアダルトコンテンポラリー
時間 <time datetime="4:04(アルバムバージョン)
3:33(ラジオエディト)">4:04(アルバムバージョン)
3:33(ラジオエディト)
レーベル ウォルト・ディズニー
作詞・作曲 アラン・メンケンハワード・アッシュマン[1]
プロデュース ウォルター・アファナシエフ
ゴールドディスク
プラチナ(日本)
ゴールド(アメリカ)
セリーヌ・ディオンのシングル 年表
愛はここに
(1991年)
ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣
(1991年)
愛は最悪の孤独
(1992年)
テンプレートを表示

ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」(: Beauty and the Beast)は1991年ディズニーアニメ映画美女と野獣』の楽曲で、ハワード・アッシュマンアラン・メンケンによって書き下ろされた[2]。劇中ではこの曲はベル野獣テーマ曲として効果的に使用されている。歌詞もすれ違う2人の発展途上の友情を表現し、またその感情が恋愛感情に発展する可能性を暗示している。劇中ではイギリス人女優で歌手のアンジェラ・ランズベリーが歌唱している[3] が、シングルとしてはカナダ人歌手セリーヌ・ディオンとアメリカ人歌手ピーボ・ブライソンのデュエット曲として発売された[4]

概要[編集]

プロデュースはアメリカの音楽プロデューサーでソングライターのウォルター・アファナシエフ[5]。ディオンとブライソンのバージョンは映画のエンドロールで流され、ディオンのセルフタイトルアルバム映画のサウンドトラックに収録された。また、サウンドトラックにランズベリーのバージョンも収録されている。

映画のヒットに合わせて、この曲も世界中で商業的な大成功を収め、ビルボードホット100ではトップ10にまで上昇し、ディオンとブライソンにとってアメリカで2回目のトップ10入りとなった。

1992年3月30日には第64回アカデミー賞歌曲賞を受賞。ディズニーソングとしては1989年に『リトル・マーメイド』より「アンダー・ザ・シー」でハワード・アッシュマン、アラン・メンケンのチームが受賞して以来、1995年に『ポカホンタス』より「カラー・オブ・ザ・ウィンド」でメンケンとスティーヴン・シュワルツが受賞するまでアカデミー賞を連続受賞しているが、「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」はその2作目あたる。

歌手[編集]

劇中ではポット夫人演じるアンジェラ・ランズベリーが歌唱しており、ベル野獣が城でダンスをする場面で使用されている。また、このシーンの日本語吹き替え版は歌手のポプラが担当している(原語版と異なり歌唱部分のみの担当。ポット夫人の吹き替え自体は福田公子が担当している)。そしてセリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンのバージョンは映画のエンドロールで使用され、このバージョンがセリーヌ・ディオンのセルフタイトルアルバム(1992年)に収録されている。ミュージック・ビデオはドミニク・オーランドの監督によって撮影され、1992年1月に公開された[6]。また、この曲はそのアルバム以外にもセリーヌ・ディオンのいずれもベストアルバム『ザ・ベリー・ベスト』(1999年)と『マイ・ラヴ:エッセンシャル・コレクション』(2008年)にも収録されている。

第64回アカデミー賞授賞式の檀上では、映画に関わったランズベリー、ディオン、ブライソン3人全員での歌唱が実現した。そのうちディオンとブライソンのライブパフォーマンスは1993年のグラミー賞授賞式やフォー・アワ・チルドレン・コンサートでも実現している。

1994年にはミュージカル『美女と野獣』内で自身も出演するベス・ファウラーが歌唱したバージョンが使用された。

1998年にはディズニー・アニマル・キングダムディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーで上映の3D映画『It's Tough to Be a Bug!』内で、「Beauty and the Bees」と題したハチ達が歌うバージョンが使用されている。

ゲーム『キングダム ハーツII』内ではこの曲のショートアレンジメントが流れる。

2002年、Jump5がアルバム『ディズニーマニア』でカバー。

2005年、ジュリー・アンドリュースがコンピレーションアルバム『ジュリー・アンドリュース・セレクト・ハー・フェイヴァリット・ディズニー・ソング』の一曲に選曲。

2007年、シンディ・ローパーが自身のアルバム『シンディ・ローパー・ザ・ディズニー・クラシック・ソング・Vol2』でカバー。

2009年、BRIGHTがコンピレーションアルバム『ディズニー・ドリーム・ポップ 〜トリビュート・トゥ・東京ディズニーリゾート 25thアニバーサリー』でカバー。

2010年、ジョーダン・スパークスがカバー。

2011年、河村隆一がコンピレーションアルバム『V-ROCK Disney』内で日本語でカバー[7]

その他にも、シェールジェフリー・オズボーンジェームス・イングラムブリトニー・スピアーズH&クレアクリスティーナ・アギレラルーサー・ヴァンドロスリンダ・ロンシュタットバリー・マニロウスティングエリカ・バドゥリチャード・マークスシャナイア・トゥエインフィル・コリンズレジーナ・ベルエイミー・ジョー・ジョンソンR・ケリーナナ・ムスクーリハリー・ベラフォンテマイケル・ジャクソンホイットニー・ヒューストンといった様々なアーティストによってカバーされている。

2017年には、劇場アニメの実写版の『美女と野獣』で、アリアナ・グランデジョン・レジェンドによる同楽曲が主題歌となっている[8]

評価[編集]

チャート成績は世界中で好成績を収め、ディオンにとって初の国際的ヒットとなった。アメリカでは9位(シングルセールス部門8位、有線部門で17位)、カナダ、ニュージーランド、イギリスでもトップ10入りを果たした[1]。また、アメリカでは50万枚以上を売り上げゴールドに、日本でも10万枚以上を売り上げプラチナに認定された。その好売上が影響し、美女と野獣 オリジナル・サウンドトラックもアメリカ国内で300万枚以上を売り上げトリプルプラチナに認定されている。

[編集]

この曲は1992年にまずアカデミー歌曲賞及びゴールデングローブ賞 主題歌賞を受賞。この2つの賞の受賞はどちらも作詞・作曲者のメンケンとアッシュマン(他界後)のコンビにとって、1989年のディズニー映画『リトル・マーメイド』の挿入歌「アンダー・ザ・シー」以来2度目の受賞となった[1]。1993年には2つのグラミー賞(映画/テレビ歌曲賞、デュオ/グループボーカル・ベストパフォーマンス賞)を受賞。また、グラミー賞においてはその他主要な2賞(最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞)にもノミネートされている。カナダではジュノー賞年間最優秀シングル賞も受賞した。

収録曲[編集]

世界版CDシングル

  1. 「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」 – 4:04
  2. 「ザ・ビースト・レッツ・ベル・ゴー」(インストロメンタル) – 2:19

カナダ版CDマキシシングル

  1. 「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」 – 4:04
  2. 「ザ・ビースト・レッツ・ベル・ゴー」(インストロメンタル) – 2:19
  3. 響きわたる言葉」 – 3:56
  4. デリヴァ・モア」(ライヴ) – 4:19

公式編曲版[編集]

  1. 「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」(ラジオエディット) – 3:33
  2. 「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」(アルバムバージョン) – 4:04

チャート・認定[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 137. ISBN 1-904994-10-5. 
  2. ^ Filmtracks: Beauty and the Beast (Alan Menken)”. 2012年5月18日閲覧。
  3. ^ iTunes - Music - Beauty and the Beast (Original Motion Picture Soundtrack) by Various Artists”. 2012年5月18日閲覧。
  4. ^ Amazon.com: Beauty And The Beast (Celine Dion and Peabo Bryson): Peabo Bryson: MP3 Downloads”. 2012年5月18日閲覧。
  5. ^ Walter Afanasieff | Free Music Videos, News, Photos, Interviews, Lyrics, Tour Dates, Ringtones”. 2012年5月18日閲覧。
  6. ^ Glatzer, Jenna (2005). Céline Dion: For Keeps. Andrews McMeel Publishing. ISBN 0-7407-5559-5. 
  7. ^ Visual kei bands to take on Disney songs for ‘V-ROCK Disney’!”. tokyohive.com. 2011年9月16日閲覧。
  8. ^ “実写版『美女と野獣』主題歌はアリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド!”. シネマトゥデイ. (2017年1月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088884 2017年1月12日閲覧。 
  9. ^ a b Lwin, Nanda (1999). Top 40 Hits: The Essential Chart Guide. Music Data Canada. ISBN 1-896594-13-1. 
  10. ^ Top Singles - Volume 55, No. 7, February 08 1992. Retrieved May 16, 2010.
  11. ^ Adult Contemporary - Volume 55, No. 6, February 01 1992. Retrieved May 16, 2010.
  12. ^ Billboard Hot 100
  13. ^ Hot Adult Contemporary Tracks
  14. ^ Australian Singles Chart
  15. ^ Belgian Singles Chart
  16. ^ Dutch Singles Chart
  17. ^ Irish Singles Chart
  18. ^ Celine Dion singles sales ranking” (Japanese). Oricon. 2010年8月27日閲覧。
  19. ^ New Zealand Singles Chart
  20. ^ UK Singles Chart
  21. ^ Billboard Top 100 - 1992”. 2010年7月30日閲覧。
  22. ^ RIAJ”. Recording Industry Association of Japan. 2003-06-31閲覧。
  23. ^ Gold & platinum searchable database”. Recording Industry Association of America. 2003年3月1日閲覧。