スキー選手一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

このスキー選手一覧は、公式なスキー競技選手権等の参加選手を一覧にしたもの。

アルペン[編集]

日本人選手[編集]

  • 佐々木明 2003年ワールドカップウェンゲン回転競技にて日本人最高位タイ2位獲得。日本人5人目の第1シード。2005年3月に志賀高原で開催されたW杯2連戦で、2位表彰台および6位入賞したことで、日本人2人目のトップ7入り
  • 皆川賢太郎 2006年トリノ五輪回転競技で、日本勢で50年ぶりに4位入賞。W杯回転で日本人4人目の第1シード入り
  • 湯浅直樹 2006年トリノ五輪回転競技で7位入賞
  • 猪谷千春 1956年コルティナダンペッツォ五輪回転競技で、日本人初の銀メダル。これは日本人冬季五輪最初のメダルでもあった。2009年までIOC副会長。
  • 海和俊宏 1955年4月 山形県生まれ。1977年スイスのサン・アントンで開かれたW杯男子回転で7位に入賞。タイム差は1秒僅か。このレースをきっかけに日本人として初めてW杯で世界の第1シード入りを果たす。主な成績はW杯:1977年サン・アントン男子回転7位、1978年オーベル・スタウェン男子回転5位、1981年サン・アントン男子回転10位、世界選手権1978年ガルミッシュ・パルテンキルヘン7位、1982年シュラドミング12位、五輪:1984年サラエボ12位
  • 児玉修 1956年9月 長野県生まれ 1980年(当時)西ドイツのレングリースで行われたワールドカップ男子回転第2戦、日本人で初めてW杯回転競技で優勝者とのタイム差で1秒を切った。児玉選手は日本製のスキー(小賀坂スキー)をはいて世界を戦った。このレースで日本製のスキー板が世界に通用することを証明したレースであった。
  • 岡部哲也 W杯で日本人2人目の第1シード入りを果たし、初めて表彰台(2位)に上った選手
  • 木村公宣 W杯で日本人3人目の第1シード入りを果たし、日本人最初のトップ7入りを果たした名スラローマー。03年引退。98年に種目別総合・回転5位。W杯最高位は98年のスイス・ベイソナツ回転の3位。W杯の入賞回数は50回を数える。
  • 川端絵美 日本人女子で初めてW杯の表彰台に上った選手

ノルディック[編集]

クロスカントリー[編集]

スキージャンプ[編集]

アイスランド[編集]

アメリカ合衆国[編集]

イギリス[編集]

イタリア[編集]

オーストリア[編集]

カナダ[編集]

スイス[編集]

スウェーデン[編集]

スロベニア[編集]

ソビエト連邦[編集]

チェコ[編集]

ドイツ[編集]

日本[編集]

ノルウェー[編集]

フィンランド[編集]

ポーランド[編集]

ユーゴスラビア[編集]

ノルディック複合[編集]

アメリカ合衆国[編集]

オーストリア[編集]

スイス[編集]

スウェーデン[編集]

ドイツ[編集]

日本[編集]

ノルウェー[編集]

フィンランド[編集]

フランス[編集]

フリースタイル[編集]

モーグル[編集]

アメリカ合衆国[編集]

イタリア[編集]

オーストラリア[編集]

オーストリア[編集]

カザフスタン[編集]

カナダ[編集]

スイス[編集]

スウェーデン[編集]

チェコ[編集]

デンマーク[編集]

ドイツ[編集]

日本[編集]

ノルウェー[編集]

フィンランド[編集]

フランス[編集]

ロシア[編集]

エアリアル[編集]

アメリカ合衆国[編集]

イギリス[編集]

ウクライナ[編集]

ウズベキスタン[編集]

オーストラリア[編集]

オーストリア[編集]

カナダ[編集]

スイス[編集]

スウェーデン[編集]

チェコ[編集]

中国[編集]

ドイツ[編集]

ノルウェー[編集]

フランス[編集]

ベラルーシ[編集]

ロシア[編集]

スキークロス[編集]

アメリカ合衆国[編集]

イタリア[編集]

オーストラリア[編集]

オーストリア[編集]

カナダ[編集]

スイス[編集]

スウェーデン[編集]

スロベニア[編集]

チェコ[編集]

ドイツ[編集]

日本[編集]

ノルウェー[編集]

フィンランド[編集]

フランス[編集]

ベルギー[編集]

ハーフパイプ[編集]

アメリカ合衆国[編集]

オーストラリア[編集]

カナダ[編集]

スウェーデン[編集]

スイス[編集]

日本[編集]

ノルウェー[編集]

フィンランド[編集]

フランス[編集]

スロープスタイル[編集]

アメリカ合衆国[編集]

イギリス[編集]

イタリア[編集]

オーストラリア[編集]

オーストリア[編集]

カナダ[編集]

スイス[編集]

スウェーデン[編集]

チェコ[編集]

ドイツ[編集]

日本[編集]

ニュージーランド[編集]

ノルウェー[編集]

フィンランド[編集]

フランス[編集]

ロシア[編集]

アクロ[編集]

アメリカ合衆国[編集]

イタリア[編集]

カナダ[編集]

スイス[編集]

スウェーデン[編集]

ドイツ[編集]

ノルウェー[編集]

フランス[編集]

ロシア[編集]

コンバインド[編集]

アメリカ合衆国[編集]

カナダ[編集]

スイス[編集]

フランス[編集]

ロシア[編集]

フリーライド[編集]

  • 山木匡浩 1975年5月北海道生まれ。全日本スキー技術選手権出場後、2000年アラスカ Mt.マッキンリー登頂を機にフリーライドスキーへ転向。その後ロシア、アラスカ、グリーンランド、インドヒマラヤなどへのエクスペディションに成功。