アルペンスキー・ワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リンゼイ・ボンは4回の総合優勝、16回の種目別優勝記録を持つ。

アルペンスキー・ワールドカップ (Alpine skiing World Cup) は国際スキー連盟 (FIS) が1967年から毎冬開催しているアルペンスキー大会。世界選手権オリンピックと並ぶ重要な大会である。また、世界中を転戦することから「白いサーカス」とも呼ばれている。

概要[編集]

1966年の世界選手権が南半球のチリ・ポルティージョで開催された。しかし開催時期が北半球では夏季で、選手にはシーズンオフであった。そこで、1967年のFIS総会で、開催が提案された。

11月のシーズン開始から年をまたいだ翌年3月までのおよそ4か月間で開催される。主に欧州と北米で開催されるが、アジア圏でも日本、韓国で開催される。全種目に出場した場合、年間40戦程度のレース数になる。各レースで30位以内に入賞するとFISポイントが与えられ、獲得したポイントの合計で全種目合計の総合優勝、各種目別の年間優勝を争う。

種目[編集]

アルペンスキーワールドカップの種目は以下の4つ。

  • 最も滑走速度が速い滑降(ダウンヒル=DH)
  • その次に速度が速いスーパー大回転(スーパージャイアントスラローム/スーパーG=SG)
  • 回転と滑降の中間種目として存在する大回転(ジャイアントスラローム=GS)
  • 旗門間隔が狭く最も速度が遅い回転(スラローム=SL)

この4種目のほかに、滑降と回転の順位の合計で優勝が決まる複合(コンバインド=CB)が「5つ目の種目」と呼ばれることがある。滑降とスーパー大回転は「高速系種目」、大回転と回転は「技術系種目」と呼ばれる。

シード制度[編集]

アルペンスキー・ワールドカップのポイントランキングによりスタート順番が決められる中でも、原則としてワールドカップランキング上位15名に与えられる出走順のことを第1シードと呼ぶ。

第1シードのスタート順位はくじ引きで決められる。上位7位と8 - 15位に分けて抽選されることから、上位7位の選手を「トップ7」と称する場合がある。アルペン競技では、滑走順が進むごとにコースが荒れるため、スタート順が速い選手ほど有利となる。

これまで日本人選手の第1シードは、回転で海和俊宏岡部哲也木村公宣皆川賢太郎佐々木明湯浅直樹の6名が獲得したのみである。中でも木村は初めてトップ7まで進出し、また、佐々木も2005 - 2006シーズンに連続で2位表彰台を果たすなどして、日本人2人目のトップ7入りを果たした。

歴代総合優勝者[編集]

男子 女子
1967 フランスの旗 ジャン=クロード・キリー カナダの旗 ナンシー・グリーン
1968 フランスの旗 ジャン=クロード・キリー (2) カナダの旗 ナンシー・グリーン (2)
1969 オーストリアの旗 カール・シュランツ オーストリアの旗 ゲルトルート・ガブル
1970 オーストリアの旗 カール・シュランツ (2) フランスの旗 ミッシェル・ジャコー
1971 イタリアの旗 グスタヴォ・トエニ オーストリアの旗 アンネマリー・プレル
1972 イタリアの旗 グスタヴォ・トエニ (2) オーストリアの旗 アンネマリー・プレル (2)
1973 イタリアの旗 グスタヴォ・トエニ (3) オーストリアの旗 アンネマリー・プレル (3)
1974 イタリアの旗 ピエロ・グロス オーストリアの旗 アンネマリー・プレル (4)
1975 イタリアの旗 グスタヴォ・トエニ (4) オーストリアの旗 アンネマリー・プレル (5)
1976 スウェーデンの旗 インゲマル・ステンマルク ドイツの旗 ロジー・ミッターマイヤー
1977 スウェーデンの旗 インゲマル・ステンマルク (2) スイスの旗 リズマリー・モレロ
1978 スウェーデンの旗 インゲマル・ステンマルク (3) リヒテンシュタインの旗 ハンニ・ウェンツェル
1979 スイスの旗 ペーター・リュシャー オーストリアの旗 アンネマリー・プレル (6)
1980 リヒテンシュタインの旗 アンドレアス・ヴェンツェル リヒテンシュタインの旗 ハンニ・ウェンツェル (2)
1981 アメリカ合衆国の旗 フィリップ・メーア スイスの旗 マリー=テレース・ナディヒ
1982 アメリカ合衆国の旗 フィリップ・メーア (2) スイスの旗 エリカ・ヘス
1983 アメリカ合衆国の旗 フィリップ・メーア (3) アメリカ合衆国の旗 タマラ・マッキニー
1984 スイスの旗 ピルミン・ツルブリッゲン スイスの旗 エリカ・ヘス (2)
1985 ルクセンブルクの旗 マーク・ジラルデリ スイスの旗 ミケーラ・フィジーニ
1986 ルクセンブルクの旗 マーク・ジラルデリ (2) スイスの旗 マリア・ヴァリザー
1987 スイスの旗 ピルミン・ツルブリッゲン (2) スイスの旗 マリア・ヴァリザー (2)
1988 スイスの旗 ピルミン・ツルブリッゲン (3) スイスの旗 ミケーラ・フィジーニ (2)
1989 ルクセンブルクの旗 マーク・ジラルデリ (3) スイスの旗 フレニ・シュナイダー
1990 スイスの旗 ピルミン・ツルブリッゲン (4) オーストリアの旗 ペトラ・クロンベルガー
1991 ルクセンブルクの旗 マーク・ジラルデリ (4) オーストリアの旗 ペトラ・クロンベルガー (2)
1992 スイスの旗 パウル・アッコラ オーストリアの旗 ペトラ・クロンベルガー (3)
1993 ルクセンブルクの旗 マーク・ジラルデリ (5) オーストリアの旗 アニタ・ヴァハター
1994 ノルウェーの旗 チェーティル・アンドレ・オーモット スイスの旗 フレニ・シュナイダー (2)
1995 イタリアの旗 アルベルト・トンバ スイスの旗 フレニ・シュナイダー (3)
1996 ノルウェーの旗 ラッセ・チュース ドイツの旗 カーチャ・ザイツィンガー
1997 フランスの旗 リュック・アルファン スウェーデンの旗 ペニッラ・ヴィーベリ
1998 オーストリアの旗 ヘルマン・マイヤー ドイツの旗 カーチャ・ザイツィンガー (2)
1999 ノルウェーの旗 ラッセ・チュース (2) オーストリアの旗 アレクサンドラ・マイスニッツァー
2000 オーストリアの旗 ヘルマン・マイヤー (2) オーストリアの旗 レナーテ・ゲッチュル
2001 オーストリアの旗 ヘルマン・マイヤー (3) クロアチアの旗 ヤニツァ・コステリッチ
2002 オーストリアの旗 シュテファン・エバーハーター オーストリアの旗 ミヒャエラ・ドルフマイスター
2003 オーストリアの旗 シュテファン・エバーハーター (2) クロアチアの旗 ヤニツァ・コステリッチ (2)
2004 オーストリアの旗 ヘルマン・マイヤー (4) スウェーデンの旗 アニヤ・パーション
2005 アメリカ合衆国の旗 ボディー・ミラー スウェーデンの旗 アニヤ・パーション (2)
2006 オーストリアの旗 ベンヤミン・ライヒ クロアチアの旗 ヤニツァ・コステリッチ (3)
2007 ノルウェーの旗 アクセル・スヴィンダル オーストリアの旗 ニコル・ホスプ
2008 アメリカ合衆国の旗 ボディー・ミラー (2) アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ボン
2009 ノルウェーの旗 アクセル・スヴィンダル (2) アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ボン (2)
2010 スイスの旗 カルロ・ヤンカ アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ボン (3)
2011 クロアチアの旗 イヴィツァ・コステリッチ ドイツの旗 マリア・リーシュ
2012 オーストリアの旗 マルセル・ヒルシャー アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ボン (4)
2013 オーストリアの旗 マルセル・ヒルシャー (2) スロベニアの旗 ティナ・マゼ
2014 オーストリアの旗 マルセル・ヒルシャー (3) オーストリアの旗 アナ・フェニンガー
2015 オーストリアの旗 マルセル・ヒルシャー (4) オーストリアの旗 アナ・フェニンガー (2)
2016 オーストリアの旗 マルセル・ヒルシャー (5) スイスの旗 ララ・グート
2017 オーストリアの旗 マルセル・ヒルシャー (6) アメリカ合衆国の旗 ミカエラ・シフリン
2018 オーストリアの旗 マルセル・ヒルシャー (7) アメリカ合衆国の旗 ミカエラ・シフリン (2)

歴代勝利数[編集]

男子[編集]

順位 名前 国籍 活動年 勝利数 滑降 スーパー大回転 大回転 回転 複合 パラレル大回転 パラレル回転
1 インゲマル・ステンマルク  スウェーデン 1973–1989 86 - - 46 40 - - -
2 マルセル・ヒルシャー  オーストリア 2008–現在 58 - 1 28 27 - - 2
3 ヘルマン・マイヤー  オーストリア 1996–2009 54 15 24 14 - 1 - -
4 アルベルト・トンバ イタリアの旗 イタリア 1986–1998 50 - - 15 35 - - -
5 マーク・ジラルデリ ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 1980–1996 46 3 9 7 16 11 - -
6 ピルミン・ツルブリッゲン スイスの旗 スイス 1981–1990 40 10 10 7 2 11 - -
7 ベンヤミン・ライヒ  オーストリア 1996–2015 36 - 1 14 14 7 - -
8 アクセル・ルンド・スヴィンダル  ノルウェー 2001–現在 35 14 16 4 - 1 - -
9 ボディー・ミラー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1997–2014 33 8 5 9 5 6 - -
10 シュテファン・エバーハーター  オーストリア 1989–2004 29 18 6 5 - - - -
11 フィリップ・メーア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1975–1984 27 - - 7 9 11 - -
12 フランツ・クラマー  オーストリア 1972–1985 26 25 - - - 1 - -
イヴィツァ・コステリッチ クロアチアの旗 クロアチア 1998–2017 26 - 1 - 15 9 - 1
14 テッド・リゲティ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2006–現在 25 - - 24 - 1 - -
15 ペーター・ミュラー スイスの旗 スイス 1977–1992 24 19 2 - - 3 - -
グスタヴォ・トエニ イタリアの旗 イタリア 1969–1980 24 - NA 11 8 4 - 1
17 ミヒャエル・フォン・グリュニゲン スイスの旗 スイス 1989–2003 23 - 23 - - - -
18 チェーティル・アンドレ・オーモット  ノルウェー 1989–2006 21 1 5 6 1 8 - -
ディディエ・キュシュ スイスの旗 スイス 1993–2012 21 12 6 3 - - - -
チェーティル・ヤンスルード  ノルウェー 2003–現在 21 8 11 - - 1 1 -
アレクシ・パンテュロー フランスの旗 フランス 2009-現在 21 1 10 2 7 - 1

女子[編集]

順位 名前 国籍 活動年 勝利数 滑降 スーパー大回転 大回転 回転 複合 パラレル大回転 パラレル回転
1 リンゼイ・ボン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2000–現在 82 43 28 4 2 5 - -
2 アンネマリー・モザー=プレル  オーストリア 1969–1980 62 36 NA 16 3 7 - -
3 フレニ・シュナイダー スイスの旗 スイス 1984–1995 55 - - 20 34 1 - -
4 レナーテ・ゲッチュル  オーストリア 1993–2009 46 24 17 - 1 4 - -
5 ミカエラ・シフリン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2012–現在 43 1 - 6 32 1 - 3
6 アニヤ・パーション  スウェーデン 1998–2012 42 6 4 11 18 3 - -
7 マルリース・シルト  オーストリア 2001–2014 37 - - 1 35 1 - -
8 カーチャ・ザイツィンガー ドイツの旗 ドイツ 1989–1998 36 16 16 4 - - - -
9 ハンニ・ウェンツェル リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン 1972–1984 33 2 - 12 11 8 - -
10 エリカ・ヘス スイスの旗 スイス 1978–1987 31 - - 6 21 4 - -
11 ヤニツァ・コステリッチ クロアチアの旗 クロアチア 1998–2006 30 1 1 2 20 6 - -
12 マリア・ヘッフル・リーシュ ドイツの旗 ドイツ 2001-2014 27 11 3 - 9 4 - -
13 ミケーラ・フィジーニ スイスの旗 スイス 1983–1990 26 17 3 2 - 4 - -
ティナ・マゼ スロベニアの旗 スロベニア 1999-2015 26 4 1 14 4 3 - -
15 マリア・ヴァリザー スイスの旗 スイス 1980–1990 25 14 3 6 - 2 - -
ミヒャエラ・ドルフマイスター  オーストリア 1991–2006 25 7 10 8 - - - -
17 ペニッラ・ヴィーベリ  スウェーデン 1990–2002 24 2 3 2 14 3 - -
マリー=テレース・ナディヒ スイスの旗 スイス 1971–1981 24 13 NA 6 - 5 - -
リズマリー・モレロ スイスの旗 スイス 1973–1980 24 - NA 14 10 - - -
ララ・グート スイスの旗 スイス 2007–現在 24 7 12 4 - 1 - -

※ 2017 - 2018シーズン終了時点

日本での開催[編集]

日本での初開催は1973年(昭和48年)新潟県湯沢市苗場スキー場であった。そのほかにも北海道富良野市富良野スキー場、長野オリンピックで滑降コースに使用された八方尾根志賀高原焼額山、1993年に日本初の世界選手権が開催された岩手県雫石町雫石スキー場などで開催実績がある。

日本開催のワールドカップで日本人選手が入賞した記録としては、上述の1973年苗場大会で柏木正義が回転で10位に入り、これが日本人選手がアルペンスキーワールドカップでの入賞ポイント(FISポイント)を獲得した初の記録となった。その後も木村公宣や佐々木明など、日本開催の大会で入賞した選手は複数出ているが、今までのところ表彰台登壇を果たしたのは2006年3月に志賀高原焼額山で開催された2005 ー 2006ワールドカップ第9戦の回転における佐々木の2位が最高である。

外部リンク[編集]