マルセル・ヒルシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルセル・ヒルシャー
20131011 HIRSCHER MARCEL Einkleidung (3).jpg
名前
本名 Marcel Hirscher
愛称 Mas
基本情報
国籍 オーストリア
所属 Skiklub Annaberg
生年月日 (1989-03-02) 1989年3月2日(29歳)
生誕地  オーストリアザルツブルク州、アンベルク=ルンゲツ
身長 1.73m
体重 73kg
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2007年
総合優勝 7回 (2011/2012年, 2012/2013年, 2013/2014年, 2014/2015年, 2015/2016年, 2016/2017年, 2017/2018年)
通算成績 通算58勝
表彰台回数123回
種目別優勝10回(大回転:2011/2012年,2014/2015年,2015/2016年,2016/2017年,2017/2018年、回転:2012/2013年,2013/2014年,2014/2015年,2016/2017年,2017/2018年)
 
獲得メダル
オリンピック
2018 平昌 男子複合
2018 平昌 男子大回転
2014 ソチ 男子回転
アルペンスキー世界選手権
2013 シュラートミング 男子回転
2013 シュラートミング 男子大回転
2013 シュラートミング 団体
2015 ビーバークリーク 男子アルペン複合
2015 ビーバークリーク 団体
2015 ビーバークリーク 男子大回転
2017 サンモリッツ 男子アルペン複合
2017 サンモリッツ 男子大回転
2017 サンモリッツ 男子回転

マルセル・ヒルシャーMarcel Hirscher, 1989年3月2日 - )は、オーストリアザルツブルク州アンベルク=ルンゲツ英語版出身のアルペンスキー選手。

来歴[編集]

2007年3月、18歳でワールドカップにデビュー。

2010年バンクーバーオリンピックでは、回転で4位、大回転で5位に入賞。

2009年の世界選手権では、大回転で4位となるが、2011年の世界選手権の直前に足首を骨折し、そのまま2010/2011年シーズンを棒に振る[1]

怪我から復帰した2011/2012年シーズンは、彼にとって大きな飛躍のシーズンとなった。ワールドカップでは回転と大回転の技術系種目で合計9回優勝し、全てのレースで表彰台に上った。同シーズンの総合優勝も果たし、種目別では大回転で優勝、回転では3位に入った[2]

2012/2013年シーズンも6勝を挙げ、2年連続の総合優勝を果たす。同シーズンも技術系種目で19戦中18回表彰台に上り、回転では種目別優勝、大回転でも2位となった[3]

2014年ソチオリンピックでは、大回転で4位、回転で銀メダルに終わった。ワールドカップでは5勝を挙げて総合3連覇[4]、回転、大回転ともに種目別優勝を飾った。

2014/2015年シーズンも技術系種目の第一人者としてその強さを発揮し、男子では史上初の総合4連覇を達成[5]、回転、大回転ともに種目別優勝を果たすとともに、2015年アルペンスキー世界選手権ではアルペン複合と団体で金メダル、大回転で銀メダルを獲得した。

2015/2016年シーズンもワールドカップで8勝を挙げる活躍で総合5連覇を達成した。5度の総合優勝はマーク・ジラルデリに並ぶ史上最多タイ。

2016/2017年シーズンはアルペンスキー世界選手権ではアルペン複合で銀メダル、回転と大回転で金メダルを獲得した。3月4日のスロベニアクランスカ・ゴーラでの大回転第8戦で優勝した結果、総合6連覇が確定し、3年連続4度目の大回転種目別優勝も確定した[6]。続いて翌3月5日に同地で行われた回転第10戦では表彰台を逃す4位に終わったが、2年ぶり4度目の回転種目別優勝が確定した[7]

2017/2018年シーズンは、8月に練習中に左足首を骨折した[8]。10月末のワールドカップ開幕戦(大回転、ゼルデン)の欠場を余儀なくされたが、天候不良により大会は中止[9]。 実質開幕戦となった11月12日の回転第1戦(レヴィ)には間に合ったが、結果は奮わず17位に終わった[10]平昌オリンピックでは複合で初めてオリンピックの金メダルを獲得し、次に出場した大回転でも金メダルを獲得した。3つ目の金メダルを狙った回転では1回目途中棄権に終わった。 3月3日のスロベニアクランスカ・ゴーラでの大回転第7戦で優勝した結果、4年連続5度目の大回転種目別優勝が確定した。続いて翌3月4日に同地で行われた回転第11戦でも優勝し、2年連続5度目の回転種目別優勝が確定した。3月15日のスウェーデン・オーレでのスーパー大回転第7戦に出場して10位に入ったが、この試合に総合第2位のクリストファーセンが出場せず、今季のワールドカップの個人戦残り2試合で逆転が不可能になったので総合7連覇が確定した。7度の総合優勝は男女通じて史上初。男女混合団体をはさんで3月17日に同地で行われた大回転第8戦で優勝した結果、今季の優勝回数は13となりステンマルクヘルマン・マイヤーの男子ワールドカップ年間最多優勝回数に並び、翌日の今季最終戦である回転第12戦での記録更新が期待されたが、強風のため同日開催予定だった女子大回転第9戦ともども試合前中止となった。

成績[編集]

ワールドカップにおける年度別成績
シーズン 総合 種目別
DH SG GS SL AC
2006-2007 153位 47位
2007-2008 51位 60位 15位
2008-2009 14位 52位 14位 9位 10位
2009-2010 6位 34位 6位 8位 12位
2010-2011 15位 10位 5位
2011-2012 1位 27位 1位 3位
2012-2013 1位 2位 1位
2013-2014 1位 31位 2位 1位 8位
2014-2015 1位 24位 1位 1位 6位
2015-2016 1位 6位 1位 2位
2016-2017 1位 25位 1位 1位 5位
2017-2018 1位 33位 1位 1位
世界選手権における大会別成績
年度 種目別
DH SG GS SL AC TE
2009 4位 DSQ1 DNF2 cancelled
2011 故障のため欠場
2013 2位 1位 1位
2015 2位 DNF2 1位 1位
2017 21位 1位 1位 2位 5位
オリンピックにおける大会別成績
年度 種目別
DH SG GS SL AC TE
2010 4位 5位 NA
2014 4位 2位 NA
2018 1位 DNF1 1位

脚注[編集]

外部リンク[編集]