ハンニ・ウェンツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンニ・ウェンツェル
名前
本名 Hannelore Wenzel
基本情報
国籍 リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン
生年月日 (1956-12-14) 1956年12月14日(62歳)
生誕地 西ドイツの旗 西ドイツバイエルン州シュトラウビング
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1972年
引退年 1985年
総合優勝 1978年、1980年
通算成績 33勝、表彰台回数89回、種目別優勝6回(大回転:1974年、1980年、回転:1978年、複合:1977年、1980年、1983年)
 
獲得メダル
オリンピック
1980 レークプラシッド 女子回転
1980 レークプラシッド 女子大回転
1980 レークプラシッド 女子滑降
1976 インスブルック 女子回転
アルペンスキー世界選手権
1974 回転
1980 複合
1974 複合
1978 複合
1976 複合

ハンニ・ウェンツェル(Hanni Wenzel、1956年12月14日 - )は、リヒテンシュタインの女子アルペンスキー選手。

1976年インスブルックオリンピックにおいて回転で銅メダルを獲得し、一躍注目を浴びた。続く1980年レークプラシッドオリンピックでは回転、大回転で金メダル、滑降で銀メダルでアルペンスキー3種目ですべてのメダルを獲得した。また同大会で実弟のアンドレアス・ウェンツェルも男子大回転の銀メダルで姉弟そろってメダルを獲得した。

また、アルペンスキー・ワールドカップにおいても1980年に姉弟そろって総合優勝を達成した。

娘のティナ・ワイラターもアルペンスキー選手で、スーパー大回転で2017年世界選手権で銀メダル、2018年平昌オリンピックで銅メダルを獲得している。

外部リンク[編集]