グラススキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
競技風景
用具

グラススキー(Grass skiing)とはスキー競技の一つで芝の上を滑る競技。 用具にはキャタピラ状の専用用具を用い、スキー板の代わりにスキーブーツに装着して芝の上を滑走する。

概要[編集]

グラススキーは1960年代にドイツで生み出された[1]。当初は夏場におけるアルペンスキーのトレーニング法として提案されたものであったが、その後独立競技として確立された。 現在では世界選手権やワールドカップなどの国際大会も国際スキー連盟によって開催されている。アルペンスキーのように回転大回転スーパー大回転、スーパー複合(回転とスーパー大回転)などの競技種目が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ グラススキースポーツについて”. 日本グラススキー協会. 2016年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]