ヘンリック・クリストファーセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘンリック・クリストファーセン
Henrik Kristoffersen.jpg
名前
ラテン文字 Henrik Kristoffersen
基本情報
国籍  ノルウェー
生年月日 (1994-07-02) 1994年7月2日(28歳)
身長 1.79m
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2012年
通算成績 通算28勝
表彰台回数71回
種目別優勝4回(回転: 2015/2016年,2019/2020年,2021/2022年、大回転: 2019/2020年)
獲得メダル
オリンピック
2014 ソチ 男子回転
2018 平昌 男子大回転
世界選手権
2019 オーレ 男子大回転
2021 コルティナ 男子回転

ヘンリック・クリストファーセン(Henrik Kristoffersen、1994年7月2日 - )は、ノルウェーアーケシュフース県出身のアルペンスキー選手。

人物[編集]

2012年3月にアルペンスキー・ワールドカップデビューした。

2014年2月、ソチオリンピックにおいて男子回転で銅メダルを獲得した。当時19歳であったクリストファーセンは男子アルペンスキー史上最年少メダリストとなった[1]

2015/2016年シーズンにはワールドカップで6勝を挙げ回転で種目別優勝を果たし、総合でも2位に入った。

2016/2017年シーズンはワールドカップの回転で5勝を挙げた半面、1試合の欠場に3試合で転倒・途中棄権等でポイントが取れなかったことが響き2勝のヒルシャーに回転種目別優勝を奪回された。総合順位は3位に入った。アルペンスキー世界選手権では男子回転・大回転に出場し、ともに4位だった。2017/2018年シーズンは平昌オリンピックまででワールドカップで1勝にとどまったが総合順位、種目別回転・大回転はいずれもヒルシャーに次ぐ2位につけた。平昌オリンピックでは男子大回転で銀メダルを獲得した。続いて出場した男子回転では1回目のタイムが1位でヒルシャーは1回目で既に途中棄権していたため、金メダル獲得が期待されたが2回目は途中棄権に終わりメダルを逃した。今季の優勝回数は1回にとどまったが、表彰台回数はヒルシャーに次ぐ15回、今季出場したワールドカップはトーナメント制のパラレル種目を除きすべて完走し、最低順位は9位が2回という抜群の安定感を見せ、総合順位、種目別回転・大回転はいずれも2位でシーズンを終えた。

成績[編集]

ワールドカップにおける年度別成績
シーズン 総合 種目別
DH SG GS SL AC PL
2011-2012 152位 52位 N/A
2012-2013 60位 41位 22位
2013-2014 7位 9位 3位
2014-2015 8位 6位 4位
2015-2016 2位 3位 1位
2016-2017 3位 5位 2位
2017-2018 2位 2位 2位
2018-2019 3位 2位 5位 29位
2019-2020 3位 48位 1位 1位 26位 8位
2020-2021 6位 8位 6位 2位
2021-2022 3位 2位 1位 4位
オリンピックにおける大会別成績
年度 種目別
DH SG GS SL AC TE
2014 10位 3位 N/A
2018 2位 DNF2
2022 8位 4位
世界選手権における大会別成績
年度 種目別
DH SG GS SL AC PL TE
2013 20位 DNF2 N/A
2015 13位 4位
2017 4位 4位
2019 1位 8位
2021 9位 3位

脚注[編集]

外部リンク[編集]