古川純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古川 純一(こがわ じゅんいち、1972年2月12日 - )は、日本の元ノルディック複合スキー選手。1994年リレハンメルオリンピック代表、1998年長野オリンピック代表。ザコパネユニバーシアードノルディックコンバインド金メダリスト。青森県北津軽郡金木町(現五所川原市)出身。 東奥義塾高等学校近畿大学卒業。

来歴[編集]

高校時代、インターハイ個人優勝、団体2連覇。特待生として近大に入学しインカレ等で活躍。1993年3月12日ではFISワールドカップホルメンコーレン大会で3位(自己最高位)入賞。また、ザコパネユニバーシアードでは金メダルを獲得する。1994年、リレハンメルオリンピック複合個人19位。大学卒業後リクルートに入社。1998年、長野オリンピックで複合個人に出場し、前半のジャンプで4位につけるもクロスカントリーで離され23位。団体は直前のジャンプ練習中に転倒し骨折したためにメンバー漏れした。五輪後、リクルートスキー部の廃部が決定し、引退を余儀なくされた。引退後、郷里に戻り金木町役場に就職。現在は五所川原市教育委員会勤務。指導者、審判員としても活躍している。

主な競技歴[編集]

オリンピック[編集]

ユニバーシアード[編集]

国内[編集]

出典[編集]