マッチ・ハウタマキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

マッチ・ハウタマキ
男子 スキージャンプ
冬季オリンピック
2002 ソルトレークシティ ラージヒル団体
2006 トリノ ノーマルヒル個人
2006 トリノ ラージヒル団体
2002 ソルトレークシティ ラージヒル個人
ノルディックスキー世界選手権
2003 Val di Fiemme ラージヒル団体
2001 Lahti ノーマルヒル団体
2003 Val di Fiemme ラージヒル個人
2005 Oberstdorf ラージヒル団体
スキーフライング世界選手権
2004 プラニツァ 団体
2006 クルム 団体
2008 オーベルストドルフ 団体
2002 ハラホフ 個人
2010 プラニツァ 団体

マッチ・ハウタマキ(マッティ・アンテロ・ハウタマキ、Matti Antero Hautamäki、1981年7月14日 - ) は、フィンランドオウル出身のスキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

7歳のとき出身地のオウル近郊でジャンプを始める。 2歳年上の兄ユッシ・ハウタマキとその友人ラウリ・ハコラクオピオへ移ったとき一緒に移り住んだ。 クオピオの体育学校でペッカ・ニエメラコーチの指導を受け才能が開花。 ノルディックスキージュニア世界選手権で個人、団体合わせて銀メダル2個、銅メダル2個を獲得している。

2001/2002シーズンのスキージャンプ週間で自己最高位の2位となる。 2004/2005シーズンには2001/2002シーズン以来2回目のノルディックトーナメント優勝を4戦全勝で達成。 このシーズンはヤンネ・アホネンがジャンプ週間の3戦目までに新記録となるワールドカップ6連勝を達成。ハウタマキもプラジェラートプレオリンピックからノルディックトーナメントの4戦を挟み、プラニツァの初戦までタイ記録の6連勝を達成し、結果的に総合3位に入った。 彼のジャンプは何度も20点満点をもらうほどきれいなフォームで、理想的な飛型と考えられている。 2003年から2005年までフライングの世界記録保持者だった。2003年3月23日にプラニツァで231.0mの新記録を樹立、2005年3月20日に235.5mを記録して更新。しかしその4人後に飛んだビヨーン・アイナール・ローモーレン(ノルウェー)が239.0mを飛んで世界記録保持者の座を奪取した。

主な成績[編集]

  • オリンピック・世界選手権・フライング選手権については右表参照
  • スキージャンプ・ワールドカップ
  • 通算16勝(2位7回、3位10回)
  • 総合は3位が最高(2001/2002、2004/2005の2回)
  • 2005年の ホルメンコーレン国際スキー大会優勝
  • 2004/2005シーズンノルディックトーナメント4戦(ラハティ、クオピオ、リレハンメル、オスロ)を全勝で制した唯一の選手となった。
  • 2004/2005シーズン6連勝のW杯記録を達成。このシーズンにヤンネ・アホネンも6連勝を記録している。他に2007/2008シーズンのトーマス・モルゲンシュテルン、2008/2009シーズンのグレゴア・シュリーレンツァウアーもそれぞれ達成しているタイ記録。
  • ノルディックスキージュニア世界選手権
    • 1997年 カルガリー(カナダ) ノーマルヒル団体 銀メダル
    • 1998年 サンモリッツ(スイス) ノーマルヒル団体 銅メダル
    • 1998年 ザールフェルデン(オーストリア) ノーマルヒル団体 銀メダル
    • 1999年 サンモリッツ(スイス) ノーマルヒル個人 銅メダル

外部リンク[編集]