トーマス・モルゲンシュテルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トーマス・モルゲンシュテルン
Thomas Morgenstern (2011).jpg
基本情報
フルネーム Thomas Morgenstern
愛称 Morgi
誕生日 (1986-10-30) 1986年10月30日(33歳)
出身地 オーストリアの旗 オーストリア
身長 184cm
選手情報
クラブ SV Villach
使用メーカー Fischer
最高記録 232.0m
(プラニツァ 2011年3月19日)
ワールドカップ
シーズン 2002年 - 現役
優勝回数 22回
表彰台獲得数 70回
 
獲得メダル
スキージャンプ
オリンピック
2006 トリノ ラージヒル個人
2006 トリノ ラージヒル団体
2010 バンクーバー ラージヒル団体
2014 ソチ ラージヒル団体
ノルディックスキー世界選手権
2005 オーベルストドルフ ノーマルヒル団体
2005 オーベルストドルフ ラージヒル団体
2007 札幌 ラージヒル団体
2009 リベレツ ラージヒル団体
2011 オスロ ノーマルヒル個人
2011 オスロ ノーマルヒル団体
2011 オスロ ラージヒル団体
2011 オスロ ノーマルヒル個人
2013 ヴァル・ディ・フィエンメ 混合団体
2007 札幌 個人ノーマルヒル
スキーフライング世界選手権
2008 Oberstdorf 団体
2010 Planica 団体
2012 Vikersund 団体
2004 Planica 団体
2006 Bad Mitterndorf 個人
スキージャンプ・ワールドカップ
2007-2008 総合
2010-2011 総合
2009-2010 総合
最終更新日:2012年4月30日
テンプレートを表示

トーマス・モルゲンシュテルンThomas Morgenstern1986年10月30日 - )は、オーストリアシュピッタール・アン・デア・ドラウ郡出身のスキージャンプ選手。2006年トリノオリンピック個人ラージヒル&団体金メダリスト。

叔父のアロイス・モルゲンシュテルンアルペンスキー選手で、1976年インスブルックオリンピック回転で7位となっている。

愛称は「モルギー」。

ワールドカップで2度の総合優勝、世界選手権での7つの金メダル、オリンピックでの3つの金メダルを獲得している。

経歴[編集]

2002-2003シーズンのジャンプ週間ワールドカップデビューを果たし9位、25位、9位、6位となった。そしてジャンプ週間が終了したわずか5日後、1月11日にチェコのリベレツで行われた大会で初優勝を果たした。このシーズンのジュニア世界選手権では個人・団体の2冠に輝いている。翌2003-2004シーズンも初戦オーベルストドルフシグール・ペテルセンに次いで2位になるなど、ジャンプ週間総合成績4位となった。

2005年に行われたノルディックスキー世界選手権にオーストリア代表として出場、団体で金メダルを2つ獲得、2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会でも団体で金メダル、個人ノーマルヒルで銅メダルを獲得した。

2006年トリノオリンピックでは個人ラージヒルと団体で金メダルを2つ獲得するも、2006-2007シーズンまではわずかワールドカップ2勝にとどまっていた。しかし2007-2008シーズンは開幕から6連勝を達成。2月はじめの札幌での2連戦も連勝するなど圧倒的な強さで2月17日ヴィリンゲンドイツ)での大会で自身初、オーストリアチームとしてもアンドレアス・ゴルトベルガー以来12年ぶりの総合優勝を果たした。

2008-2009年は前年ほどの勢いはなく、2009年ノルディックスキー世界選手権では団体で金メダルを獲得したものの個人戦はノーマルヒル8位、ラージヒル10位に終わった。ワールドカップでも2位に2度なったのみで総合7位だった。

2009-2010シーズンは1月6日のインスブルックと1月16日の札幌で勝利、バンクーバーオリンピック団体戦で金メダルを獲得し、ワールドカップ総合は3位となった。

2010-2011シーズンは開幕から好調で、4連勝、スキージャンプ週間総合優勝など7勝をあげて自身2度目の総合優勝。2011年ノルディックスキー世界選手権では団体2種目とノーマルヒル個人で金メダル、ラージヒル個人でも金メダルかと思われたが2本目の着地で左足が流れて減点、同僚シュリーレンツァウアーに0.3ポイント及ばず銀メダルとなった。

2011-12シーズンは1勝のみで総合は7位だった。

2013-2014シーズンではソチオリンピックの直前の1月の大会で大けがをしたが強行出場したソチオリンピックでは団体で銀メダルを獲得。2014-15シーズン、そのけがが思わしくなく9月に引退を発表。

主な優勝歴[編集]

日付 開催地 開催国
冬季オリンピック
1. 2006年2月18日 2006 トリノラージヒル カナダ
ノルディックスキー世界選手権
1. 2011年2月26日 2011 オスロノーマルヒル ノルウェー
スキージャンプ・ワールドカップ
1. 2003年1月11日 リベレツ チェコ
2. 2006年3月10日 リレハンメル ノルウェー
3. 2007年12月1日 クーサモ フィンランド
4. 2007年12月8日 トロンハイム ノルウェー
5. 2007年12月9日 トロンハイム ノルウェー
6. 2007年12月13日 ビショフスホーフェン オーストリア
7. 2007年12月14日 ビショフスホーフェン オーストリア
8. 2007年12月22日 エンゲルベルク スイス
9. 2007年12月30日 オーベルストドルフ ドイツ
10. 2008年2月2日 札幌 日本
11. 2008年2月3日 札幌 日本
12. 2008年2月8日 リベレツ チェコ
13. 2010年1月6日 ビショフスホーフェン オーストリア
14. 2010年1月16日 札幌 日本
15. 2010年12月4日 リレハンメル ノルウェー
16. 2010年12月5日 リレハンメル ノルウェー
17. 2010年12月17日 エンゲルベルク スイス
18. 2010年12月18日 エンゲルベルク スイス
19. 2010年12月29日 オーベルストドルフ ドイツ
20. 2011年1月3日 インスブルック オーストリア
21. 2011年1月9日 ハラコフ チェコ
22. 2012年1月6日 ビショフスホーフェン オーストリア
スキージャンプ・サマーグランプリ
1. 2003年8月10日 ヒンターツァルテン ドイツ
2. 2005年8月14日 クーシュベル フランス
3. 2007年8月12日 ヒンターツァルテン ドイツ
4. 2007年8月18日 アインジーデルン スイス
5. 2007年8月24日 ザコパネ ポーランド
6. 2011年7月17日 ヴィスワ ポーランド
7. 2011年7月20日 シュチェルク ポーランド
8. 2011年7月23日 ザコパネ ポーランド
9. 2011年8月7日 ヒンターツァルテン ドイツ
10. 2011年8月13日 クーシュベル フランス
ノルディックスキージュニア世界選手権
1. 2003年2月8日 ソレフティア スウェーデン
スキージャンプ・コンチネンタルカップ
1. 2002年12月15日 ラハティ フィンランド
2. 2002年12月21日 リベレツ チェコ
3. 2002年12月22日 リベレツ チェコ

外部リンク[編集]