スキージャンプ週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スキージャンプ週間(スキージャンプしゅうかん、Vierschanzentournee (4ジャンプ台ツアー)/ Four Hills Tournament)とは、毎年の年末年始8日間にドイツオーストリアで集中開催される4試合で争われる、スキージャンプの大会である。

スキージャンプ・ワールドカップよりも古い、1952-1953シーズンから始まる歴史を有している。

日本人では船木和喜が1997-98シーズンに総合優勝を飾っている。

スキージャンプ週間に開催される4大会はワールドカップを兼ねており、この4大会で得た順位ポイントは、ワールドカップの総合ポイントにも組み込まれる。

開催会場[編集]

日付 画像 場所 会場名 K点 サイズ ヒルレコード
(バッケンレコード)
12月30日 Erdinger arena.jpg オーベルストドルフ
ドイツの旗 ドイツ
Schattenbergschanze K-120 HS 137 143.5 m (2003)
シグール・ペテルセン
 ノルウェー
1月1日 MJL Schanze Garmisch3.jpg ガルミッシュ=パルテンキルヒェン
ドイツの旗 ドイツ
Große Olympiaschanze K-125 HS 140 141.0 m (2008)
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 オーストリア
1月4日 Bergisel-N.jpg インスブルック
 オーストリア
ベルクイーゼルシャンツェ K-120 HS 130 136.0 m (2004)
アダム・マリシュ
ポーランドの旗 ポーランド
1月6日 Bischofshofen.jpg ビショフスホーフェン
 オーストリア
Paul-Ausserleitner-Schanze K-125 HS 140 145.0 m (2008)
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 オーストリア

歴史[編集]

長年の間、4連勝で総合優勝を成し遂げるジャンパーは存在しなかった。日本人では笠谷幸生が1971-72シーズンのジャンプ週間を3連勝しながら、4戦目を札幌オリンピックの国内選考大会のため欠場しており、また船木和喜も総合優勝した年は3連勝しながら4戦目は8位に沈んでいる。また、冬季五輪開催シーズンのジャンプ週間を制した者はそのシーズンの五輪の個人種目で金メダルを獲得する、というジンクスが1984年のサラエボオリンピックから長く続いた。2001-2002年シーズンのジャンプ週間では、ドイツのスヴェン・ハンナバルトが史上初の4連勝を果たした。しかしその年のソルトレイクシティオリンピックではノーマルヒルで銀メダル、ラージヒルで4位と後者のジンクスも破れてしまう。が、団体戦ではドイツがフィンランドをわずか0.1点差で制し、金メダルの獲得はかろうじて継続されたが、この大会以来2014年12月現在、五輪開催年のジャンプ週間総合王者は五輪の個人金メダルを獲得していない。

2005-2006年シーズンのジャンプ週間では、史上初めてヤクブ・ヤンダチェコ)とヤンネ・アホネン(フィンランド)が同点で総合優勝を分け合った。しかし同シーズンのトリノオリンピックでは両者共に個人・団体とも金メダルの獲得はならなかった。

総合優勝[編集]

ワールドカップの総合優勝は各試合の順位点の合計で争われるのに対し、ジャンプ週間の総合優勝は各試合のジャンプで取った得点、すなわち4試合8本のジャンプの飛距離点と飛型点の総合計で争われる。よって後述「記録」の項にもあるとおり、たとえ7本まで良いジャンプをして3勝していても最後に失敗すると得点が足りずに総合優勝を逃すこともある。

ノックアウトシステム[編集]

この4大会の特殊性の一つは、伝統的な勝敗の決定法である。他の大会で、1本目の上位30選手が2本目に進めるのに対して、ジャンプ週間の大会では1996/97年のシーズンからノックアウト方式を採用している。1本目の参加者50人は2人ずつ25組に分かれ、勝者25人と敗者のうち成績上位5人が2本目に進む。

ジャンプ週間の記録[編集]

2007-2008年シーズンヤンネ・アホネンフィンランド)が史上最多の通算5回目の総合優勝を果たしており、イェンス・バイスフロク東ドイツ/ドイツ)が通算4回の総合優勝でこれに次いでいる。 総合優勝3回はヘルムート・レクナゲル(東ドイツ)とビョルン・ヴィルコラノルウェー)の2人で、ヴィルコラは3連覇した。

第54回大会では、史上初めて2人の総合優勝者が出た。ヤンネ・アホネン(フィンランド)とヤクブ・ヤンダチェコ)は4戦で獲得した得点の合計が同じだった。

ドイツは、統合前を合わせて16回優勝している。これに次ぐのがフィンランドの15回、ノルウェーの10回、オーストリアの9回である。チェコスロバキアはチェコと合わせて2回、日本、スロベニア、ポーランド、ソビエト連邦がそれぞれ1回の優勝である。

このうちモルク、笠谷、シュナーブル、インナウアーは総合優勝を逃した。

イェンス・バイスフロクとビョルン・ヴィルコラは通算10勝を記録した。これに次ぐのは9勝のアホネンとシュリーレンツァウアーである。

歴代優勝者[編集]

年度 総合優勝 オーベルストドルフ ガルミッシュ=パルテンキルヒェン インスブルック ビショフスホーフェン
1 1953  オーストリア
ヨーゼフ・ブラドル
 ノルウェー
E.クロケン
 ノルウェー
A.デルプラズ
 オーストリア
ヨーゼフ・ブラドル
 ノルウェー
ハルボル・ナース
2 1953-54  ノルウェー
オーラフ・ビョルンスタット
 ノルウェー
オーラフ・ビョルンスタット
 ノルウェー
オーラフ・ビョルンスタット
 ノルウェー
オーラフ・ビョルンスタット
 オーストリア
ヨーゼフ・ブラドル
3 1954-55  フィンランド
ヘンモ・シルベノイネン
 フィンランド
アウリス・カラコルピ
 フィンランド
エイノ・キルヨネン
 フィンランド
アウリス・カラコルピ
 ノルウェー
T.ルステ
 ノルウェー
T.ルステ
4 1955-56 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ニコライ・カメンスキー
 フィンランド
エイノ・キルヨネン
 フィンランド
ヘンモ・シルベノイネン
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
K.チャカゼ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
J.スコルゾフ
5 1956-57  フィンランド
ペンティ・ウオティネン
 フィンランド
ペンティ・ウオティネン
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ニコライ・カメンスキー
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
N.シャモフ
 フィンランド
エイノ・キルヨネン
6 1957-58 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ニコライ・カメンスキー
 オーストリア
W.エゲル
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
7 1958-59 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
 オーストリア
W.ハベルサッター
8 1959-60 ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
マックス・ボルカート
ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
マックス・ボルカート
ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
マックス・ボルカート
ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
マックス・ボルカート
 オーストリア
A.プランク
9 1960-61 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
 フィンランド
ユハニ・カルキネン
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
K.チャカゼ
 フィンランド
K.カルキネン
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘルムート・レクナゲル
10 1961-62  フィンランド
エイノ・キルヨネン
 フィンランド
エイノ・キルヨネン
ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
ゲオルク・トーマ
 オーストリア
W.エゲル
 オーストリア
W.エゲル
11 1962-63  ノルウェー
トラルフ・エンヤン
 ノルウェー
トラルフ・エンヤン
 ノルウェー
トラルフ・エンヤン
 ノルウェー
トラルフ・エンヤン
 ノルウェー
トールビョルン・イゲセット
12 1963-64  フィンランド
ヴェイッコ・カンコネン
 ノルウェー
トールビョルン・イゲセット
 フィンランド
ヴェイッコ・カンコネン
 フィンランド
ヴェイッコ・カンコネン
 オーストリア
バルダー・プライムル
13 1964-65  ノルウェー
トルゲイル・ブランツェ
 ノルウェー
トルゲイル・ブランツェ
 フィンランド
E.プッカ
 ノルウェー
トルゲイル・ブランツェ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
14 1965-66  フィンランド
ヴェイッコ・カンコネン
 フィンランド
ヴェイッコ・カンコネン
 フィンランド
パーヴォ・ルッカリニエミ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ディーター・ノイエンドルフ
 フィンランド
ヴェイッコ・カンコネン
15 1966-67  ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ディーター・ノイエンドルフ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
16 1967-68  ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ディーター・ノイエンドルフ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ガリイ・ナパルコフ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
イジー・ラシュカ
17 1968-69  ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
イジー・ラシュカ
18 1969-70 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
H.クエック
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ガリイ・ナパルコフ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
イジー・ラシュカ
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
イジー・ラシュカ
19 1970-71 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
イジー・ラシュカ
 ノルウェー
インゴルフ・モルク
 ノルウェー
インゴルフ・モルク
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
Z.フバッツ
 ノルウェー
インゴルフ・モルク
20 1971-72  ノルウェー
インゴルフ・モルク
日本の旗 日本
笠谷幸生
日本の旗 日本
笠谷幸生
日本の旗 日本
笠谷幸生
 ノルウェー
ビョルン・ヴィルコラ
21 1972-73 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ライナー・シュミット
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ライナー・シュミット
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ライナー・シュミット
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
S.ボチコフ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
ルドルフ・ヘーンル
22 1973-74 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ハンス=ゲオルク・アッシェンバッハ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ハンス=ゲオルク・アッシェンバッハ
スイスの旗 スイス
ヴァルター・シュタイナー
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ハンス=ゲオルク・アッシェンバッハ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
B.エクスタイン
23 1974-75  オーストリア
ウィリ・ピュルストル
 オーストリア
ウィリ・ピュルストル
 オーストリア
カール・シュナーブル
 オーストリア
カール・シュナーブル
 オーストリア
カール・シュナーブル
24 1975-76 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヨッヘン・ダンネベルク
 オーストリア
アントン・インナウアー
 オーストリア
アントン・インナウアー
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヨッヘン・ダンネベルク
 オーストリア
アントン・インナウアー
25 1976-77 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヨッヘン・ダンネベルク
 オーストリア
アントン・インナウアー
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヨッヘン・ダンネベルク
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヘンリー・グラス
スイスの旗 スイス
ヴァルター・シュタイナー
26 1977-78  フィンランド
カリ・ユリアンティラ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
マティアス・ブーゼ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヨッヘン・ダンネベルク
 ノルウェー
ペール・ベルゲルード
 フィンランド
カリ・ユリアンティラ
27 1978-79  フィンランド
ペンティ・コッコネン
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
J.イワノフ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
J.サメク
 フィンランド
ペンティ・コッコネン
 フィンランド
ペンティ・コッコネン
28 1979-80  オーストリア
フーベルト・ノイパー
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
ヨッヘン・ダンネベルク
 オーストリア
フーベルト・ノイパー
 オーストリア
フーベルト・ノイパー
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
M.ウェーバー
29 1980-81  オーストリア
フーベルト・ノイパー
 オーストリア
フーベルト・ノイパー
カナダの旗 カナダ
ホースト・ビューロー
 フィンランド
ヤリ・プイッコネン
 オーストリア
アルミン・コグラー
30 1981-82 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
マンフレート・デッケルト
 フィンランド
マッチ・ニッカネン
 ノルウェー
ロゲル・ルート
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
マンフレート・デッケルト
 ノルウェー
ペール・ベルゲルード
 オーストリア
フーベルト・ノイパー
31 1982-83  フィンランド
マッチ・ニッカネン
カナダの旗 カナダ
ホースト・ビューロー
 オーストリア
アルミン・コグラー
 フィンランド
マッチ・ニッカネン
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
32 1983-84 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
クラウス・オストヴァルト
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
33 1984-85 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
 オーストリア
エルンスト・フェットーリ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
 フィンランド
マッチ・ニッカネン
 ノルウェー
ホロアル・スティエルネン
34 1985-86  オーストリア
エルンスト・フェットーリ
 フィンランド
ペッカ・スオルサ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
パベル・プロッツ
 フィンランド
ヤリ・プイッコネン
 オーストリア
エルンスト・フェットーリ
35 1986-87  オーストリア
エルンスト・フェットーリ
 ノルウェー
ヴェガール・オパース
ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
アンドレアス・バウアー
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
プリモジュ・ウラガ
 フィンランド
トゥオモ・ユリプリ
36 1987-88  フィンランド
マッチ・ニッカネン
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
パベル・プロッツ
 フィンランド
マッチ・ニッカネン
 フィンランド
マッチ・ニッカネン
 フィンランド
マッチ・ニッカネン
37 1988-89  フィンランド
リスト・ラーコネン
ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
ディーター・トーマ
 フィンランド
マッチ・ニッカネン
 スウェーデン
ヤン・ボークレブ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
M.ホランド
38 1989-90 ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
ディーター・トーマ
ドイツ2/西ドイツの旗 西ドイツ
ディーター・トーマ
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
 フィンランド
アリ=ペッカ・ニッコラ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
フランチシェック・イエジュ
39 1990-91 ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
ドイツ1/東ドイツの旗 東ドイツ
イェンス・バイスフロク
 オーストリア
アンドレアス・フェルダー
 フィンランド
アリ=ペッカ・ニッコラ
 オーストリア
アンドレアス・フェルダー
40 1991-92  フィンランド
トニ・ニエミネン
 フィンランド
トニ・ニエミネン
 オーストリア
アンドレアス・フェルダー
 フィンランド
トニ・ニエミネン
 フィンランド
トニ・ニエミネン
41 1992-93  オーストリア
アンドレアス・ゴルトベルガー
ドイツの旗 ドイツ
クリストフ・ドゥッフナー
日本の旗 日本
葛西紀明
 オーストリア
アンドレアス・ゴルトベルガー
 オーストリア
アンドレアス・ゴルトベルガー
42 1993-94  ノルウェー
エスペン・ブレーデセン
ドイツの旗 ドイツ
イエンス・バイスフロク
 ノルウェー
エスペン・ブレーデセン
 オーストリア
アンドレアス・ゴルトベルガー
 ノルウェー
エスペン・ブレーデセン
43 1994-95  オーストリア
アンドレアス・ゴルトベルガー
 オーストリア
ラインハルト・シュワルツェンベルガー
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
日本の旗 日本
船木和喜
 オーストリア
アンドレアス・ゴルトベルガー
44 1995-96 ドイツの旗 ドイツ
イェンス・バイスフロク
 フィンランド
ミカ・ライティネン
 オーストリア
ラインハルト・シュワルツェンベルガー
 オーストリア
アンドレアス・ゴルトベルガー
ドイツの旗 ドイツ
イェンス・バイスフロク
45 1996-97 スロベニアの旗 スロベニア
プリモジュ・ペテルカ
ドイツの旗 ドイツ
ディーター・トーマ
スロベニアの旗 スロベニア
プリモジュ・ペテルカ
日本の旗 日本
船木和喜
ドイツの旗 ドイツ
ディーター・トーマ
46 1997-98 日本の旗 日本
船木和喜
日本の旗 日本
船木和喜
日本の旗 日本
船木和喜
日本の旗 日本
船木和喜
ドイツの旗 ドイツ
スヴェン・ハンナバルト
47 1998-99  フィンランド
ヤンネ・アホネン
ドイツの旗 ドイツ
マルティン・シュミット
ドイツの旗 ドイツ
マルティン・シュミット
日本の旗 日本
葛西紀明
 オーストリア
アンドレアス・ビドヘルツル
48 1999-00  オーストリア
アンドレアス・ビドヘルツル
ドイツの旗 ドイツ
マルティン・シュミット
 オーストリア
アンドレアス・ビドヘルツル
 オーストリア
アンドレアス・ビドヘルツル
 オーストリア
アンドレアス・ビドヘルツル
49 2000-01 ポーランドの旗 ポーランド
アダム・マリシュ
ドイツの旗 ドイツ
マルティン・シュミット
日本の旗 日本
葛西紀明
ポーランドの旗 ポーランド
アダム・マリシュ
ポーランドの旗 ポーランド
アダム・マリシュ
50 2001-02 ドイツの旗 ドイツ
スヴェン・ハンナバルト
ドイツの旗 ドイツ
スヴェン・ハンナバルト
ドイツの旗 ドイツ
スヴェン・ハンナバルト
ドイツの旗 ドイツ
スヴェン・ハンナバルト
ドイツの旗 ドイツ
スヴェン・ハンナバルト
51 2002-03  フィンランド
ヤンネ・アホネン
ドイツの旗 ドイツ
スヴェン・ハンナバルト
スロベニアの旗 スロベニア
プリモジュ・ペテルカ
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
 ノルウェー
ビヨーン・アイナール・ローモーレン
52 2003-04  ノルウェー
シグール・ペテルセン
 ノルウェー
シグール・ペテルセン
 ノルウェー
シグール・ペテルセン
スロベニアの旗 スロベニア
ペテル・ジョンタ
 ノルウェー
シグール・ペテルセン
53 2004-05  フィンランド
ヤンネ・アホネン
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
 オーストリア
マルティン・ヘルバルト
54 2005-06  フィンランド
ヤンネ・アホネン
 チェコ
ヤクブ・ヤンダ
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
 チェコ
ヤクブ・ヤンダ
 ノルウェー
ラーシュ・ビステル
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
55 2006-07  ノルウェー
アンデシュ・ヤコブセン
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
スイスの旗 スイス
アンドレアス・キュッテル
 ノルウェー
アンデシュ・ヤコブセン
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
56 2007-08  フィンランド
ヤンネ・アホネン
 オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
 フィンランド
ヤンネ・アホネン
57 2008-09  オーストリア
ウォルフガング・ロイツル
スイスの旗 スイス
シモン・アマン
 オーストリア
ウォルフガング・ロイツル
 オーストリア
ウォルフガング・ロイツル
 オーストリア
ウォルフガング・ロイツル
58 2009-10  オーストリア
アンドレアス・コフラー
 オーストリア
アンドレアス・コフラー
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
59 2010-11  オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
 オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
スイスの旗 スイス
シモン・アマン
 オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
 ノルウェー
トム・ヒルデ
60 2011-12  オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 オーストリア
アンドレアス・コフラー
 オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
61 2012-13  オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 ノルウェー
アンデシュ・ヤコブセン
 ノルウェー
アンデシュ・ヤコブセン
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
 オーストリア
グレゴア・シュリーレンツァウアー
62 2013-14  オーストリア
トーマス・ディートハルト
スイスの旗 スイス
シモン・アマン
 オーストリア
トーマス・ディートハルト
 フィンランド
アンシ・コイブランタ
 オーストリア
トーマス・ディートハルト
63 2014-15  オーストリア
シュテファン・クラフト
 オーストリア
シュテファン・クラフト
 ノルウェー
アンデシュ・ヤコブセン
ドイツの旗 ドイツ
リヒャルト・フライターク
 オーストリア
ミヒャエル・ハイボック
64 2015-16 スロベニアの旗 スロベニア
ペテル・プレヴツ
ドイツの旗 ドイツ
ゼヴェリン・フロイント
スロベニアの旗 スロベニア
ペテル・プレヴツ
スロベニアの旗 スロベニア
ペテル・プレヴツ
スロベニアの旗 スロベニア
ペテル・プレヴツ
65 2016-17 ポーランドの旗 ポーランド
カミル・ストッフ
 オーストリア
シュテファン・クラフト
 ノルウェー
ダニエル=アンドレ・タンデ
 ノルウェー
ダニエル=アンドレ・タンデ
ポーランドの旗 ポーランド
カミル・ストッフ
  • 1952-53は第1戦がガルミッシュ=パルテンキルヒェン、第2戦がオーベルストドルフで行われた。
  • 1956-57,1961-62、1962-63は第2戦がインスブルック、第3戦がガルミッシュ=パルテンキルヒェンで行われた。
  • 1971-72は第1戦がインスブルック、第3戦がオーベルストドルフで行われた。
  • 2007-08はインスブルックが悪天候のため中止となり、ビショフスホーフェンで2戦行われた。

出典リンク[編集]