アンドレアス・ビドヘルツル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
 オーストリア
スキージャンプ
オリンピック
2006 トリノ ラージヒル団体
1998 長野 ノーマルヒル個人
1998 長野 ラージヒル団体
ノルディックスキー世界選手権
2005 オーベルストドルフ ノーマルヒル団体
2005 オーベルストドルフ ラージヒル団体
1999 ラムソー ラージヒル団体
スキーフライング世界選手権
2000 Vikersund 個人
2006 クルム 個人
2004 プラニツァ 団体

アンドレアス・ビドヘルツル(Andreas Widhölzl1976年10月14日 - )は、オーストリアチロル州St. Johann生まれの元スキージャンプ選手。

オーストリアナショナルチームの層が厚いため機会に恵まれなかったが200年代の世界最強ジャンパーの一人として活躍してきた。

妻Kathrinとの間にJana、Noah、Eleaと三人の子供を授かっている。

1993年のジャンプ週間、インスブルックビショフスホーフェンの地元枠でスキージャンプ・ワールドカップにデビュー。同年のノルディックスキージュニア世界選手権で個人銀メダルを獲得した。

以後ワールドカップの総合成績で6度一桁順位になるなどオーストリアチームの中核選手として活躍している。

ワールドカップ通算18勝は総合優勝を果たしていない選手の中ではスヴェン・ハンナバルトと共にタイ記録である。

日本好きとしても知られ、ヘッドホンで演歌を聴いていることもあるという[1]

2007-2008年シーズン限りでの現役引退を表明し、3月15日プラニツァスロベニア)でのW杯最終戦のインターバルに引退ジャンプを行い、現役生活に別れを告げた。

主な成績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]