マヌエル・フェットナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マヌエル・フェッツナー
マヌエル・フェットナー
Manuel Fettner AUT.JPG
基本情報
フルネーム Manuel Fettner
誕生日 (1985-06-17) 1985年6月17日(33歳)
出身地 オーストリアの旗 オーストリア
オーストリアの旗 ウィーン
選手情報
クラブ SV Innsbruck-Bergisel
最高記録 200 m
ワールドカップ
シーズン 2001年 -
優勝回数 0回
他の表彰台 3回
表彰台獲得数 3回
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
2013 Val die Fiemme ラージヒル団体
2017 Lahti ラージヒル団体
ノルディックスキージュニア世界選手権
2003 Sollefteå 団体
2001 Karpacz-Szklarska ノーマルヒル個人
2001 Karpacz-Szklarska 団体
2002 Schonach 団体
最終更新日:2017年3月4日
テンプレートを表示

マヌエル・フェットナー1985年6月17日 - )はオーストリアウィーン出身のスキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

フェットナーは若くしてその才能を発揮した。1999-2000シーズン、14歳のフェットナーは国際大会で活躍、アルペンカップで2勝、2000年3月には来日、宮様スキー大会ノーマルヒルで優勝するなど好成績を残した。

2000-2001シーズンのスキージャンプ週間に開催国枠で出場、スキージャンプ・ワールドカップデビューするとビショフスホーフェンでは5位となって周囲を驚かせた。同年のノルディックスキージュニア世界選手権では個人・団体ともに銀メダルを獲得。

2001-2002シーズンはワールドカップで19ポイント獲得したが主戦場はスキージャンプ・コンチネンタルカップであり総合9位となった。 以後オーストリアチームの厚い選手層に阻まれて永らくコンチネンタルカップで戦い続けた。

自国開催となった2005年冬季ユニバーシアードではノーマルヒルとラージヒルの2冠を達成、団体では銅メダルだった。

ようやく2010-2011シーズンにワールドカップで初表彰台(2010年12月29日オーベルストドルフで3位)を達成、シーズン総合で自己最高の12位となった。

2013年ノルディックスキー世界選手権代表に初選出され個人ノーマルヒル20位、個人ラージヒル15位、団体ラージヒルでは金メダルを獲得した。

コンチネンタルカップでは史上2位の通算15勝をあげている。

外部リンク[編集]