ミヒャエル・ウアマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミヒャエル・ウアマン
基本情報
フルネーム Michael Uhrmann
愛称 Uhri
誕生日 (1978-09-16) 1978年9月16日(40歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バイエルン州ヴェークシャイト
身長 181cm
選手情報
クラブ WSV-DJK Rasbüchl
使用メーカー Fischer
最高記録 226.5m(2005プラニツァ
ワールドカップ
シーズン 1995年2011年
優勝回数 2回
他の表彰台 12回
表彰台獲得数 14回
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
オリンピック
2002 ソルトレイクシティ 団体ラージヒル
2010 バンクーバー 団体ラージヒル
ノルディックスキー世界選手権
2001 ラハティ 団体ラージヒル
2005 オーベルストドルフ 団体ノーマルヒル
2001 ラハティ 団体ノーマルヒル
スキーフライング世界選手権
2006 Kulm 団体
最終更新日:2012-02-22
テンプレートを表示

ミハエル・ウアマン(Michael Uhrmann、1978年9月16日 - )は、ドイツバイエルン州ヴェークシャイト出身の元スキージャンプ選手。2002年ソルトレークシティオリンピックの団体ラージヒルで金メダルを獲得している。

経歴[編集]

スキージャンプ・ワールドカップには1994年12月30日からのジャンプ週間でデビューしており、2004年のザコパネ大会、2007年のオーベルストドルフ大会で優勝している。

また団体ではドイツ代表の一員として、2002年のソルトレイクシティオリンピックの団体ラージヒルでスベン・ハンナバルトシュテファン・ホッケマルティン・シュミットと共に金メダルを獲得、ノルディックスキー世界選手権で2001年の団体ラージヒルで金メダル、団体ノーマルヒルで銅メダル、2005年の団体ノーマルヒルで銀メダル、2006年のスキーフライング世界選手権の団体でも銅メダルを獲得している。

2010-2011シーズン終了後現役を引退[1]、2011-2012シーズンからドイツナショナルCチームのコーチに就任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Malysz hört auf - auch Uhrmann macht Schluss”. berkutschi.com. 2012年2月22日閲覧。
  2. ^ SKIJUMPING.de: Michael Uhrmann wird C-Kader-Trainer”. skijumping.de. 2012年2月22日閲覧。

出典・外部リンク[編集]