ピオトル・ジワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピオトル・ジワ
20150927 FIS Summer Grand Prix Hinzenbach 4814.jpg
基本情報
フルネーム Piotr Żyła
誕生日 (1987-01-16) 1987年1月16日(32歳)
出身地 ポーランドの旗 ポーランド
ポーランドの旗 シロンスク県チェシン
選手情報
クラブ AZS Zakopane
最高記録 232.5 m
ワールドカップ
シーズン 2006年 -
優勝回数 1回
他の表彰台 1回
表彰台獲得数 3回
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
2013 Val die Fiemme ラージヒル団体
2015 Falun ラージヒル団体
2017 Lahti ラージヒル個人
2017 Lahti ラージヒル団体
ノルディックスキージュニア世界選手権
2005 Rovaniemi 団体
最終更新日:2017年3月4日
テンプレートを表示

ピオトル・ジワ(Piotr Żyła、1987年1月16日 - )はポーランドシロンスク県チェシン出身のスキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

ジワは8歳の時KS Wisła Ustronianka でスキージャンプを始めた。2003年に国際大会出場初出場、2003-2004シーズンからスキージャンプ・コンチネンタルカップに参戦した。

2005年のノルディックスキージュニア世界選手権では団体戦で銀メダルを獲得した。

2006年1月の札幌遠征でコンチネンタルカップ3連戦に出場した後翌週のスキージャンプ・ワールドカップ大倉山ジャンプ競技場にも出場、ワールドカップデビューを果たすと19位と20位に入りポイントを獲得した。

2007年ノルディックスキー世界選手権代表に選ばれ、個人戦は2本目に進めなかったが団体戦では5位となった。

2011年ノルディックスキー世界選手権に2大会ぶりに出場、ノーマルヒル個人19位、同団体4位、ラージヒル個人21位、同団体5位の成績を残した。

アダム・マリシュ引退後の2011-2012シーズンからようやくワールドカップに定着するようになり、 2012-2013シーズンは2013年ノルディックスキー世界選手権代表に選ばれてマチェイ・コットダヴィド・クバッキカミル・ストッフと組んだラージヒル団体で銅メダルを獲得した。 3月17日にホルメンコーレン大会グレゴア・シュリーレンツァウアーと同点優勝、スキージャンプ・ワールドカップ初勝利をあげた。総合では自己最高の15位となった。

外部リンク[編集]