アルットゥ・ラッピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

Arttu Lappi
 フィンランド
男子 ノルディックスキー
ノルディックスキー世界選手権
2003 Val di Fiemme ラージヒル団体

アルットゥ・ラッピ(Arttu Ville Eemeli Lappi、1984年5月11日 - )はフィンランド北サヴォ県クオピオ出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

ラッピは10歳でスキージャンプを始め、1997年からフィンランドスキー連盟のHopeasompaチーム(12歳から16歳の有望な選手を選抜したチーム)に所属してジャンプのトレーニングを受けた。

2002年のノルディックスキージュニア世界選手権団体でヤンネ・ハッポネンハッリ・オッリアクセリ・コッコネンとともに金メダルを獲得、また2月24日にアメリカ合衆国アイアンマウンテンでのスキージャンプ・コンチネンタルカップで優勝するなどの実績を積んで3月1日のラハティスキーゲームズスキージャンプ・ワールドカップにデビュー、8位となった。

2003年ノルディックスキー世界選手権では個人ラージヒル12位、団体戦ではヤンネ・アホネンマッティ・ハウタマキタミ・キウルとともに金メダル獲得、個人ノーマルヒルで6位入賞した。

しかし翌シーズンから不振に陥り、足首の故障もあってコンチネンタルカップや更に格下のFISカップへの出場が主となった。

2006-2007シーズンにワールドカップに復帰、11月24日、クーサモの開幕戦で突然初勝利をあげ世界選手権ではラージヒル11位、団体戦4位、ノーマルヒル22位の成績を残した。ワールドカップ総合では自己最高位の15位だった。

翌2007-2008シーズンは再び不振に陥り総合52位、2008-2009シーズンはコンチネンタルカップに降格した。

2009年2月にロヴァニエミでトレーニング中右膝の靭帯を損傷し全治5カ月の重傷を負った[1]。2009-2010シーズンに復帰しコンチネンタルカップに出場したが2010年4月に現役引退を表明した[2]

引退後ラッピはフィンランドチームの強化委員に選ばれた[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]