ミヒャエル・ハイボック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ミヒャエル・ハイベック
  • ミハエル・ハイベック
  • ミハエル・ハイボック
ミヒャエル・ハイボック
Michael Hayböck
20150927 FIS Summer Grand Prix Hinzenbach 4658.jpg
2014年 ドイツ・ヒンターツァルテンにて
基本情報
誕生日 (1991-03-05) 1991年3月5日(28歳)
出身地 オーストリアの旗 オーストリアリンツ
身長 180cm
選手情報
クラブ UVB Hinzenbach
使用メーカー Fischer
最高記録 214.0m(2013年ヴィケルスン
ワールドカップ
シーズン 2010-
優勝回数 3
他の表彰台 5
表彰台獲得数 8
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
 オーストリア
オリンピック
2014 ソチ 団体ラージヒル
ノルディックスキー世界選手権
2015 ファルン 団体ラージヒル
2017 ラハティ 混合団体
2017 ラハティ 団体ラージヒル
最終更新日:2017年3月4日
テンプレートを表示
2012年3月 オスロ大会

ミヒャエル・ハイボック[1](Michael Hayböck、1991年3月5日 - )は、オーストリアオーバーエスターライヒ州リンツ出身のスキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

ハイボックは、2000年にUVB Hinzenbachというクラブに入りスキージャンプを始めた[2]。2006年からナショナルBチームに所属した。

2010年1月3日にスキージャンプ週間第3戦のインスブルック大会に開催国枠で出場、スキージャンプ・ワールドカップデビューを果たし、17位となってポイントも獲得した。 2010年1月ドイツヒンターツァルテンで開かれたノルディックスキージュニア世界選手権で優勝[3]。2月のワールドカップドイツ 、ヴィリンゲン大会では個人戦6位、団体戦では3位となった。

オーストリアのナショナルチームは選手層が厚く、数年間はワールドカップと1ランク下のスキージャンプ・コンチネンタルカップを行き来するシーズンが続き、2009-2010シーズンにはコンチネンタルカップ総合2位、2011-2012シーズンには同3位となった。

2013-2014シーズンは12月のコンチネンタルカップで3連勝してワールドカップ組に昇格、1月24日のポーランドヴィスワ大会で自身初の表彰台(3位)となるなどしてソチオリンピック代表に選出された。 ソチオリンピックではノーマルヒル5位、ラージヒルは8位と、ともに入賞を果たした[4]トーマス・モルゲンシュテルントーマス・ディートハルトグレゴア・シュリーレンツァウアーと組んだ団体では、1番手を飛び銀メダルを獲得した。

ハイボックは、2005年にシュタムスのスキー学校に入学、2010年卒業後は軍隊に所属して競技を続けている[2]

成績[編集]

ワールドカップ[編集]

シーズン 順位 ポイント
2009/10 49位 054
2010/11 56位 028
2011/12 42位 070
2012/13 34位 163

スキージャンプ・サマーグランプリ団体優勝[編集]

No. 日付 開催地 開催国 備考
1. 2011年8月6日 ヒンターツァルテン ドイツの旗 ドイツ ノーマルヒル
2. 2012年8月18日 ヒンターツァルテン ドイツの旗 ドイツ 混成チーム

スキージャンプ・サマーグランプリ個人[編集]

シーズン 順位 ポイント
2009 40位 044
2011 18位 154
2012 21位 099
2013 78位 009

脚注[編集]

  1. ^ メディアによっては「ハイベック」という表記もある
  2. ^ a b Curriculum Vitae. Michael Hayböck, abgerufen am 25. Januar 2014.
  3. ^ FIS profile
  4. ^ sochi2014.com

外部リンク[編集]