ミヒャエル・ハイボック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ミヒャエル・ハイベック
  • ミハエル・ハイベック
  • ミハエル・ハイボック
ミヒャエル・ハイボック
Michael Hayböck
20150927 FIS Summer Grand Prix Hinzenbach 4658.jpg
2014年 ドイツ・ヒンターツァルテンにて
基本情報
誕生日 (1991-03-05) 1991年3月5日(31歳)
出身地 オーストリアの旗 オーストリアリンツ
身長 180cm
選手情報
クラブ UVB Hinzenbach
使用メーカー Fischer
最高記録 245.5m
ワールドカップ
シーズン 2010年 -
優勝回数 5
他の表彰台 17
表彰台獲得数 22
獲得メダル
男子 スキージャンプ
 オーストリア
オリンピック
2014 ソチ 団体LH
ノルディックスキー世界選手権
2015 ファルン 団体LH
2017 ラハティ 混合団体NH
2019 ゼーフェルト 団体LH
2017 ラハティ 団体LH
2021 オーベルストドルフ 混合団体NH
スキーフライング世界選手権
2016 バート・ミッテルンドルフ 団体
ノルディックスキージュニア世界選手権
2009 シュトルブスケ・プレソ 団体
2010 ヒンターツァルテン 個人
2010 ヒンターツァルテン 団体
2011 オテパー 団体
最終更新日:2021年4月9日
テンプレートを表示
2012年3月 オスロ大会

ミヒャエル・ハイボック[1](Michael Hayböck、1991年3月5日 - )は、オーストリアオーバーエスターライヒ州リンツ出身のスキージャンプ選手である。

プロフィール[編集]

ハイボックは、2000年にUVB Hinzenbachでスキージャンプを始めた[2]。2006年からナショナルBチームに所属した。ハイボックは、2005年にシュタムスのスキー学校に入学、2010年卒業後は軍隊に所属して競技を続けている[2]

2010年1月3日にスキージャンプ週間第3戦のインスブルック大会に開催国枠で出場、ワールドカップデビューを果たし、17位となってポイントも獲得した。2010年1月ドイツヒンターツァルテンで開かれたノルディックスキージュニア世界選手権で優勝[3]。2月のワールドカップドイツ 、ヴィリンゲン大会では個人戦6位、団体戦では3位となった。

オーストリアのナショナルチームは選手層が厚く、数年間はワールドカップと1ランク下のコンチネンタルカップを行き来するシーズンが続き、2009/10シーズンにはコンチネンタルカップ総合2位、2011-2012シーズンには同3位となった。

2013/14シーズンは12月のコンチネンタルカップで3連勝してワールドカップ組に昇格、1月24日のポーランドヴィスワ大会で自身初の表彰台(3位)となるなどしてソチオリンピック代表に選出された。ソチオリンピックではノーマルヒル5位、ラージヒルは8位と、ともに入賞を果たした[4]トーマス・モルゲンシュテルントーマス・ディートハルトグレゴア・シュリーレンツァウアーと組んだ団体では、1番手を飛び銀メダルを獲得した。

2014/15シーズンはスキージャンプ週間のビショフスホーヘン大会で初優勝など表彰台に6回登壇し、総合5位であった。2015年ノルディックスキー世界選手権では男子団体銀メダルのメンバーとなった。

2015/16シーズンはラハティ大会2連戦とクオピオ大会まで3連勝を含む8回の表彰台で、総合4位で終えた。フライング世界選手権は団体銅メダルのメンバーとなった。

2016/17シーズンはエンゲルベルク大会優勝など4回の表彰台で、総合7位であった。2017年ノルディックスキー世界選手権は混合団体銀メダル、男子団体銅メダルのメンバーとなった。

2017/18シーズンは開幕前に負傷し[5]、やや精彩を欠くシーズンとなった。平昌オリンピックでは、個人ノーマルヒル17位、個人ラージヒル6位、団体4位のメンバーとなった。フライング選手権は個人31位、団体5位であった。

2018/19シーズンは開幕からやや不調で、エンゲルベルク大会の10位が最高であった。2019年ノルディックスキー世界選手権は男子団体銀メダルであった。

2019/20シーズンはワールドカップにフル参戦し、ラハティ大会の3位が最高で、総合22位で終えた。

2020/21シーズンは、序盤にチーム内に新型コロナウイルス感染症が発生したため出場できない時期があり[6]、最高順位はプラニツァ大会の4位で総合18位であった。フライング選手権は個人4位、団体6位であった。2021年ノルディックスキー世界選手権は個人ノーマルヒル7位、混合団体銅メダルのメンバーとなった。

主な競技成績[編集]

冬季オリンピック[編集]

世界選手権[編集]

フライング世界選手権[編集]

ジュニア世界選手権[編集]

  • 2009年シュトルブスケ・プレソ大会(スロバキアの旗 スロバキア
    • 男子個人 7位
    • 男子団体 Med 1.png1位
  • 2010年ヒンターツァルテン大会(ドイツの旗 ドイツ
    • 男子個人 Med 1.png1位
    • 男子団体 Med 1.png1位
  • 2011年オテパー大会( エストニア
    • 男子団体 Med 1.png1位

ワールドカップ[編集]

  • 通算 優勝5回、2位7回、3位10回 (2020/21シーズンまで)
シーズン 順位 ポイント
2009/10 49. 54
2010/11 56. 28
2011/12 42. 70
2012/13 34. 163
2013/14 14. 439
2014/15 5. 1157
2015/16 4. 1301
2016/17 7. 814
2017/18 23. 245
2018/19 27. 228
2019/20 22. 350
2020/21 18. 347

サマーグランプリ[編集]

団体優勝[編集]

No. 日付 開催地 開催国 備考
1. 2011年8月6日 ヒンターツァルテン ドイツの旗 ドイツ ノーマルヒル
2. 2012年8月18日 ヒンターツァルテン ドイツの旗 ドイツ 混合

個人[編集]

  • 通算 3位2回 (2019シーズンまで)
シーズン 順位 ポイント
2009 40. 44
2009 . (予選不通過)
2011 18. 154
2012 21. 99
2013 78. 9
2014 9. 201
2015 64. 22
2016 10. 217
2017 65. 13
2018 39. 47
2019 45. 32

コンチネンタルカップ[編集]

  • 通算 優勝10回、2位3回、3位6回 (2013/14シーズンまで)
シーズン 順位 ポイント
2008/09 42. 211
2009/10 2. 714
2010/11 18. 400
2011/12 3. 834
2012/13 99. 72
2013/14 13. 350

脚注[編集]

  1. ^ メディアによっては「ハイベック」という表記もある
  2. ^ a b "Curriculum Vitae". Michael Hayböck. 2014年1月25日閲覧
  3. ^ FIS profile
  4. ^ sochi2014.com
  5. ^ Michael Hayböck verletzt sich beim Training auf Zypern”. https://www.skispringen.com/. 2021年4月9日閲覧。
  6. ^ FIS. “Dawid Kubacki wins the qualification in Ruka” (英語). www.fis-ski.com. 2021年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]