フランチシェック・イエジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア/ チェコ
男子 ノルディックスキー
冬季オリンピック
1992 アルベールビル ラージヒル団体
ノルディックスキー世界選手権
1993 Falun ラージヒル団体

フランチシェック・イエジュ(František Jež、1970年12月16日 - )はチェコスロバキア及びチェコの元スキージャンプ選手。1980年代末から90年代に活躍した。ズリーン州Valašské Meziříčí出身。

プロフィール[編集]

1987/88シーズンのジャンプ週間にチェコスロバキア代表としてデビュー。 1988年オーストリアザールフェルデンで行われたノルディックスキージュニア世界選手権では団体で銅メダルを獲得している。 イエジュは1989/90シーズンに大きくブレイクした。 開幕から上位入賞を続け、ジャンプ週間第4戦のビショフスホーフェンでワールドカップ初優勝、西ドイツディーター・トーマに次ぐ総合2位となった。さらに2月中に3勝をあげ、ワールドカップ総合5位に入った。 ただし、このシーズンの4勝以外にワールドカップでの勝利は無い。 1991/92シーズンはジャンプ週間で総合5位となり、アルベールビルオリンピックではノーマルヒル23位、ラージヒル13位、団体戦では銅メダルを獲得した。 翌1993年の世界選手権で団体戦銀メダル獲得。

その後はあまり目立った成績は残せず、1998年長野オリンピックにも出場したがノーマルヒル、ラージヒルとも24位、団体戦7位に終わった。1998年に現役を引退した後は自動車リース会社や金融会社を経営するとともにスポーツ選手のマネジメントを行い、ヤクブ・ヤンダのマネージャーとして彼の活躍を助けた。

外部リンク[編集]