板垣宏志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

板垣 宏志(いたがき ひろし、1945年4月27日 - )は、北海道出身の元ノルディック複合スキージャンプ選手。北海道小樽潮陵高等学校明治大学商学部卒業後、国土計画入社。

1968年グルノーブルオリンピックから3大会連続出場。 グルノーブルオリンピックは複合で出場し、得意のジャンプで2位につけたがクロスカントリーでは30位のタイムでトータル10位。

1972年札幌オリンピックではジャンプに出場、90m級19位だった。

1976年インスブルックオリンピックでは70m級20位、90m級33位に終わる。

1974年、スウェーデン・ファルンでのノルディックスキー世界選手権90m級では33位だった。

1968年の第5回ユニバーシアード冬季競技大会で60m級ジャンプと複合の2冠に輝いている。 また1970年第6回ユニバーシアード冬季競技大会で主将を務めている。

現役引退後は小樽で父親が経営する工務店に入社し、その後1986年より社長を務めたが、2011年に破産[1]。2002年から2010年にかけて、小樽スキー連盟第10代会長。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]