アレクサンドル・ミハイロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アレクサンドル・ゲオルギエヴィチ・ミハイロフロシア語:Александр Георгиевич Михайлов, ラテン文字転写:Alexander Georgievich Mikhailov, 1937年11月9日 - 1996年4月30日[1])は、ソビエト連邦指揮者

経歴[編集]

モスクワ近郊トロイツクの生まれ。1961年にレニングラード音楽院を卒業したが、在学中の1959年よりペトロザヴォーツクの劇場の指揮者を務めていた。その後モスクワ音楽院レオ・ギンズブルクの下で研鑽を積み、1962年から1967年までモスクワのオペレッタ劇場の指揮者を務めた。1970年からオデッサで指揮活動をし、1973年から翌年にかけてキューバの交響楽団の音楽顧問の任に当たった。1974年から翌年までソビエト連邦金管合奏団の指揮者を務め、1980年から1990年までモスクワ国立音楽ホールのコンサート指揮者となった。1991年からオスタンキノ放送交響楽団の指揮者を務め、亡くなるまでこのオーケストラの育成に努めた。

モスクワにて交通事故死[2][3]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Михайлов Александр Георгиевич” (ロシア語). Энциклопедия Челябинской области. 2020年4月6日閲覧。
  2. ^ Школьникова Елена Петровна” (ロシア語). ヤンデックス. 2014年8月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年4月6日閲覧。
  3. ^ “Rachmaninoff Interpreted by Canadian” (英語). ザ・モスクワ・タイムズ. (1996年6月13日). オリジナルの2016年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160302054657/http://www.themoscowtimes.com/sitemap/free/1996/6/article/rachmaninoff-interpreted-by-canadian/323050.html 2020年4月6日閲覧。