ヤロスラフ・サカラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
男子 ノルディックスキー
オリンピック
1992 アルベールビル ラージヒル団体
ノルディックスキー世界選手権
1993 Falun ラージヒル団体
1993 Falun ラージヒル個人
1993 Falun ノーマルヒル個人
スキーフライング世界選手権
1994 Planica 個人

ヤロスラフ・サカラ(Jaroslav Sakala、1969年7月14日 - )は、チェコ共和国モラヴィア・スレスコ州Krnov出身の元スキージャンプ選手。1990年代にチェコスロバキア代表およびチェコ代表として活躍した。

プロフィール[編集]

1989年1月15日地元ハラコフのスキージャンプ・ワールドカップで国際大会デビュー。 1992年アルベールビルオリンピック団体戦で銅メダルを獲得。

1992/93シーズンは好調で、ジャンプ週間で自己最高位の3位になると1月30日のフライングでワールドカップ初優勝、翌日も優勝した。 さらに世界選手権で3個のメダルを獲得した(銀メダル2個、銅メダル1個)。 ワールドカップ総合でアンドレアス・ゴルトベルガーオーストリア)に次ぐ2位となった。 1994年スキーフライング世界選手権はワールドカップを兼ねていたがサカラはこれに優勝、公式練習で200mを記録しチェコ選手として初の200mジャンパーとなった。 なおワールドカップ通算4勝のうち3勝はフライングであげたものである。

1996年以降、チェコスキー連盟とのトラブルや彼自身のアルコール依存などのため成績は低迷、しかし2002年に引退するまで毎年得意とするフライングには出場していた。 2008年9月、サカラはパベル・ミケスカ(Pavel Mikeska)が辞めて空席となったチェコの女子ナショナルチームチーフコーチを引き継いだ[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]