湯本史寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯本史寿

湯本史寿(ゆもと ふみひさ、1984年4月23日 - )は長野県下高井郡木島平村出身の元スキージャンプ選手である。

経歴[編集]

木島平村立木島平中学校長野県下高井農林高等学校を経て、東京美装興業に入社した。

2003年に札幌でのワールドカップに初出場。その後は主に下部大会に出場していたが、2007-08シーズンはスキージャンプ週間終了後よりワールドカップ遠征メンバー入りした。

2008-09シーズンは11月29日のW杯クーサモ大会で自己最高の8位に入ると、12月14日のプラジェラート大会で初優勝を達成した。2月にはチェコリベレツで開催されたノルディックスキー世界選手権に初出場。2009-10シーズンもW杯遠征メンバーに選出されていたが、バンクーバーオリンピックには出場できなかった。

2014年の伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会にて現役を退いた。

主な成績[編集]

世界選手権[編集]

スキージャンプ・ワールドカップ[編集]

  • 初出場 2003年1月25日日本の旗 日本・札幌
  • 最終出場 2012年1月29日日本の旗 日本・札幌
  • 最高成績 優勝(2008年12月14日 第5戦プラジェラート大会)
  • 通算 優勝1回 2位0回 3位0回
    • 2004/2005シーズン総合70位
    • 2007/2008シーズン総合58位
    • 2008/2009シーズン総合26位
    • 2009/2010シーズン総合38位
    • 2010/2011シーズン総合42位
    • 2011/2012シーズン総合71位

国内大会[編集]

外部リンク[編集]