川端絵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川端 絵美(かわばた えみ、1970年2月13日 - 、現姓・北島[1])は、日本アルペンスキー競技の選手。北海道札幌市出身。現役時代はKDD(現・KDDI)所属。

日本の女子アルペンスキーの第一人者として活躍した。

来歴[編集]

父親の影響で幼時からスキーに親しむ。オーストリア滑降王・フランツ・クラマー英語版に憧れたことから、早くから将来ダウンヒラーとして活躍することを夢見たという。15歳でフランスシャモニーに留学し、1986年の世界ジュニア選手権で滑降9位、複合では6位に入賞。

1987/88シーズンのFISワールドカップ第2戦の滑降で、トップと1秒50差の20位に入り、山本さち子とともに1988年のカルガリーオリンピックの代表に選出される。当時オリンピックの出場枠が無かった日本の女子選手では、16年ぶりの快挙であった。カルガリーでは、滑降14位・スーパー大回転20位・回転19位。同年の全日本選手権では4冠。翌年アメリカベイルで開かれた世界選手権では滑降で日本人女子史上最高位の5位入賞を果たす。だが、その後練習中に転倒し、左ヒザ靭帯断裂の重傷を負う。約1年間の療養生活を送った後1990年に復帰し、同年の全日本選手権で再び4冠となった。

1991年の世界選手権(オーストリアザールバッハ)では複合8位、1992年アルベールビルオリンピックでは滑降11位・スーパー大回転31位・複合13位。1993/94シーズンのFISワールドカップ第2戦(オーストリア・サンクト・アントン)の滑降では3位に入り、日本女子アルペン史上初の表彰台に上った。1994年リレハンメルオリンピックではスーパー大回転24位・滑降21位・複合17位となり、同年引退。

引退後はスキースクールの経営に携わる傍ら、テレビなどで解説も務める。また、全日本ナショナルチームの女子ジュニアコーチもつとめた。

2013年4月1日、北海道庁から「アスリートキャリア連携専門員」に任命され、行政の立場からも若手選手の育成に携わることとなった[1][2]

2015年10月、全日本スキー連盟理事に就任[3][4]

スタイル[編集]

身長165cm・体重58kgと、さほど恵まれた体格ではなかったが、日本人では珍しく高速系種目を専門とした。得意の緩斜面は低いクローチングフォームで果敢に攻め、そのスピードは世界でもトップクラスと言われた。また、ジャンプでの空中姿勢にも安定感があった。だが、急斜面でのターンには課題が多く、オリンピック・ワールドカップ等での国際大会でも、前半の緩斜面では好位置につけながら、後半の技術区間で失速するケースが目立った。最後の五輪となったリレハンメルのスーパー大回転では、第2中間計時を首位と0秒57差で通過しながら、その後天候の影響で一時視界を失う不運に見舞われ、滑降では第1区間を3位、第3区間を5位で通過しながらも、ターンの多い後半で守りに入って積極さを欠き、結果的にタイムを失うこととなった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b クラブアルペン情報局(2013年4月2日・毎日新聞)
  2. ^ クラブアルペン情報局(2013年4月2日・読売新聞)
  3. ^ 公益財団法人全日本スキー連盟(2015年10月20日)
  4. ^ 日刊スポーツ(2015年10月18日)

外部リンク[編集]