上野雄大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上野 雄大(うえの ゆうた、1981年5月25日 - )は、日本スキー選手。長野県下高井郡野沢温泉村出身。

幼い頃からアルペンスキーに励み、大学までは競技スキー選手として活動。順天堂大学卒業後フリースタイルスキーに転向、2002-2003シーズン、このシーズンからワールドカップに採用されたスキークロス競技にて世界を転戦。2004-2005シーズンは本格的にハーフパイプ競技に転向。2005年フリースタイルスキー世界選手権で12位に入る。2005年国内ハーフパイプ大会最大の「キングオブハーフパイプ」にて優勝。海外では2004ニュージーランド選手権ハーフパイプにて優勝。また、2006年1月にはフランスで開かれたフリースタイルスキー・ワールドカップ・ハーフパイプにて日本人初となる4位入賞を果たす。

競技に出場する一方スキーキャンプなどを積極的に主催しフリースタイルスキーの発展に貢献。Team MCV所属。スキーは2008-2009シーズンよりARMADAを使用している。

2009年8月、プロスキーヤーの三星マナミと結婚。地元の野沢温泉村でスキーショップを営む[1]

2014年のソチオリンピックにはコーチとして参加した[2]

主な成績[編集]

  • 2004/09 ニュージーランド フリースキーナショナルズ ハーフパイプ 優勝
  • 2004/09 ニュージーランド フォルクルカップ ハーフパイプ 優勝
  • 2005/02 キングオブ ハーフパイプ 南郷 優勝
  • 2005/02 世界選手権 ハーフパイプ 12位
  • 2005/04 WSSF 12位
  • 2006/01 FISワールドカップ フリースタイルスキー ハーフパイプ フランス大会 4位
  • 2009/01 FISワールドカップ フリースタイルスキー ハーフパイプ フランス大会 5位

脚注[編集]

外部リンク[編集]