川島弘三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川島 弘三(かわしま こうぞう、1926年9月26日 - )は、北海道小樽市出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

スキーの名門旧制小樽中学(現:北海道小樽潮陵高等学校)入学時は野球の選手で1年からセカンドのレギュラーとなったが、3年の冬にスキー部へ移り本格的にジャンプを始める。 戦後明治大学に進学し、1948年全日本学生スキー選手権大会(インカレ)で優勝、1952年オスロオリンピック代表(42位)。

参考資料[編集]

  • 北海道新聞1976年12月〜1月夕刊連載 ”人脈北海道”ウインタースポーツ編

外部リンク[編集]