山田大起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 大禧(やまだ ひろき、1982年5月19日 - )は、長野県飯山市出身のスキージャンプ選手。旧名山田大起

飯山市立飯山第二中学校(旧・現在は他2校と統合)から長野県飯山南高校(現長野県飯山高等学校)、北野建設を経て現在長野市スキークラブに所属している。2002年、19歳の時にソルトレイクシティオリンピック代表に選出され団体、個人ノーマルヒルに出場した。長野県出身のスキージャンプ選手としては江遠要甫西方仁也に次いで3人目となった[1]

2010年4月24日、信越放送アナウンサー生田明子と結婚[2][3]。同年12月から、同じ読みで山田大禧に改名した。

主な競技成績[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ ジャンプ19歳山田 一気に五輪へ 2002年1月8日(信濃毎日新聞
  2. ^ 山田大起公式ブログ (2010年5月11日). “応援して下さる皆さんへ”. 2010年5月13日閲覧。
  3. ^ 日刊スポーツ (2010年5月11日). “山田大起、4歳年上の女子アナと結婚”. 2010年5月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]