小野塚彩那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野塚 彩那
名前
カタカナ オノヅカ アヤナ
ラテン文字 Ayana ONOZUKA
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 フリースタイルスキー
所属 石打丸山スキークラブ
生年月日 (1988-03-23) 1988年3月23日(30歳)
生誕地 新潟県南魚沼郡塩沢町
(現:南魚沼市
居住地 新潟県南魚沼市
身長 158㎝
体重 50㎏
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2011年
総合優勝 2014-15季
最高成績 1位
 
獲得メダル
フリースタイルスキー
オリンピック
2014 ソチ 女子スキーハーフパイプ
フリースタイルスキー世界選手権
2013 オスロ スキーハーフパイプ
2017 シエラネバダ スキーハーフパイプ
Winter X GAMES
2015 X GAMES ASPEN スキースーパーパイプ
2016 X GAMES ASPEN スキースーパーパイプ
2016 X GAMES OSLO スキースーパーパイプ
2017 X GAMES ASPEN スキースーパーパイプ

小野塚 彩那(おのづか あやな、1988年3月23日 - )は、日本フリースタイルスキーハーフパイプ選手。新潟県南魚沼郡塩沢町(現:南魚沼市 塩沢)出身。

人物[編集]

塩沢町立塩沢小学校塩沢町立塩沢中学校新潟県立湯沢高等学校を経て専修大学商学部を卒業。

実家は南魚沼市にある石打丸山 四季を楽しむ宿 勝田屋勝田屋旅館)を経営している。

名前の「彩那」は、アルペンスキーヤーだった小野塚の母が長渕剛のファンであり、小野塚の6日前に生まれた長渕の娘・文音に由来している[1]。小学生時代の夢は「鳥になりたい」ことだったという[1]。高校生時代は走り高跳びで130cmを悠々と跳び越える身体能力を持っていた[2]

スキージャンプの国体出場経験者の父親の指導のもとで2歳からアルペンスキーを始め、小学校3年で新潟県大会を優勝した[3]。以後アルペン(ジャイアントスラローム)競技で宮様スキー大会全日本学生スキー選手権大会等で優勝経験を持つ。その後は全日本スキー技術選手権大会に出場するなどスキー選手として活動する。

2011年のシーズンからフリースタイルスキー選手に本格的に転向し、スキーハーフパイプ種目に専念し、2014年ソチオリンピックへの挑戦を宣言し[4]、そのシーズンからFISワールドカップシリーズに参戦した。

2012/13シーズン[編集]

2012-2013年シーズンのワールドカップ開幕戦となったカードローナ・アルパイン・リゾートニュージーランド)大会で3位となり、続くパークシティ (ユタ州)アメリカ合衆国)の第3戦で2位となるなど進境著しいところを見せて臨んだ2013年フリースタイルスキー世界選手権オスロノルウェー)ではスキーハーフパイプで予選1位で決勝を迎え、決勝では80.4点をマークして日本選手として初となる銅メダルを獲得した[5]

2013/14シーズン[編集]

2014年1月、ワールドカップアメリカブリッケンリッジ大会で2位となり2月、2014年ソチオリンピックにフリースタイルスキーの新種目:女子ハーフパイプ代表に選出され[6][7][8]、2月20日の競技当日は予選を4位で通過すると、決勝では2本とも綺麗に技を決めて2本目の83.20点が採用されて3位となり、この種目では初、日本人女性スキー選手としては里谷多英(モーグル)以来2人目となるメダリストとなった[9][10][11][12]

2014年3月12日新潟日報スポーツ特別栄誉賞を受賞[13]、同日、新潟県民栄誉賞受賞[14]。2014年4月7日、南魚沼市市民スポーツ栄誉賞受賞[15]

2014/15シーズン[編集]

2014年12月、アメリカのコロラド州ブリッケンリッジで行われたDEW TOURで3位、2014-2015年シーズンのワールドカップ開幕戦コッパーマウンテン大会で3位となった。

2015年1月22日Winter X-Games 2015で、日本人女子初2位になった[16]

2月、アメリカのユタ州で行われたワールドカップパークシティ大会で優勝、最終戦フランスのティグネス大会は2位に終わり、全3戦のポイントで争うワールドカップ種目別で初優勝した[17]

2015/16シーズン[編集]

2015-2016年シーズン開幕戦のワールドカップハーフパイプニュージーランドカードローナ「WINTER GAMES NZ」大会で前日予選で2位につけ決勝では3位になった[18][19]。12月、アメリカのコロラド州ブリッケンリッジで行われたDEW TOURで優勝。1月、ワールドカップ第2戦マンモスマウンテン大会(U.S. Freeskiing Grand Prix Copper Mountain Grand Prix)で優勝。1月30日、Winter X-Games 2016で銀メダル。2月6日、ワールドカップ第3戦パークシティー大会(U.S. Freeskiing Grand Prix Park City Grand Prix)で2位。X-Games オスロ大会では1本目で大きく転倒し7位と出遅れたが3本目で3位になった。最終戦となったティーニュ大会では4位となり、2年連続の種目別優勝。

2016/17シーズン[編集]

1月、Winter X-Games 2017で銀メダル、2月、ワールドカップマンモスマウンテン大会(U.S. Freeskiing Grand Prix Copper Mountain Grand Prix)で3位となる。

3月16日、フリースタイルスキー世界選手権のスキーハーフパイプの予選で88.60点の2位となり、上位6人による決勝に進出。3月18日に行われた決勝では2回目に89.80点(1回目80.00点、3回目88.20点)を出し優勝した。

3月18日、祖父の命日に日本勢初の金メダルを獲得した[20][21]

主な戦績[編集]

  • 2012 FIS World Cup(Cardrona) - 3位
  • 2013 FIS World Cup(Park City) - 2位
  • フリースタイルスキー世界選手権(Oslo) - 3位
  • 2013 FIS World Cup(Sierra Nevada) - 3位
  • 2014 FIS World Cup(Breckenridge) - 2位
  • 2014年ソチオリンピック - 3位
  • 2014 DEW TOUR - 3位
  • 2015 DEW TOUR - 1位
  • 2014 FIS World Cup(Copper Mountain) - 3位
  • Winter X-Games 2015 - 2位
  • U.S. Freeskiing Grand Prix Copper Mountain Grand Prix - 3位
  • U.S. Freeskiing Grand Prix Copper Mountain Grand Prix - 1位
  • SFR Freestyle Tour - 2位
  • 2015 FIS World Cup(Park City) - 1位
  • 2015 FIS World Cup(Tignes) - 2位
  • The North Face Freeski ニュージーランドオープン - 2位
  • 2015 FIS World Cup(NZ) WINTER GAMES NZ 3位
  • Winter X-Games 2016 - 2位
  • 2016 FIS World Cup(Park City) - 2位
  • X-Games Oslo - 3位
  • Winter X-Games 2017 - 2位
  • U.S. Freeskiing Grand Prix Copper Mountain Grand Prix - 3位
  • スノーボード&フリースタイルスキー世界選手権(Sierra Nevada) - 1位

脚注[編集]

  1. ^ a b 小野塚、祖父の言葉胸に転向3年で表彰台”. 日刊スポーツ (2014年2月22日). 2014年2月26日閲覧。
  2. ^ 日刊スポーツ 2014年2月22日 32面
  3. ^ スキーってこれだけじゃない・プロスキーヤー:小野塚彩那さん 南魚沼市女子力観光プロモーションチーム
  4. ^ 応援してくださっているすべての皆様へ。 小野塚彩那オフィシャルブログ 2011年7月24日
  5. ^ 小野塚彩那 スキーHPで日本勢初の表彰台! スポーツニッポン 2013年3月7日閲覧
  6. ^ 日本オリンピック委員会. “スキーHP、五輪代表に小野塚ら ソチで初採用種目”. 2014年1月16日閲覧。
  7. ^ 南魚沼市. “小野塚彩那選手 2014ソチオリンピック出場決定”. 2014年2月20日閲覧。
  8. ^ 全日本スキー連盟. “ナショナルチーム ランク特A”. 2015年1月28日閲覧。
  9. ^ 小野塚彩那が銅メダル! 新種目のHPでモーグル里谷以来の快挙 スポーツニッポン 2014年2月20日閲覧
  10. ^ 南魚沼市. “「小野塚 彩那」選手 ソチオリンピックで銅メダル獲得!”. 2014年2月21日閲覧。
  11. ^ 産経ニュース. “銅メダルの小野塚彩那、地元・新潟南魚沼は興奮のうず”. 2014年3月3日閲覧。
  12. ^ YouTube. “【ソチ】メダリスト会見/小野塚彩那選手(スキー・フリースタイル)”. 2014年3月3日閲覧。
  13. ^ 新潟日報. “小野塚選手に日報特別栄誉賞贈呈”. 2014年3月13日閲覧。
  14. ^ 新潟県ホームページ. “小野塚彩那選手に新潟県民栄誉賞を授与します”. 2014年3月14日閲覧。
  15. ^ 新潟日報. “小野塚選手に栄誉賞贈呈・南魚沼市”. 2014年4月8日閲覧。
  16. ^ TBS. “小野塚彩那選手、Xゲームで日本女子初の銀メダル”. 2015年1月28日閲覧。
  17. ^ スポニチアネックス. “女子HPの小野塚彩那、W杯種目別で初優勝”. 2015年3月13日閲覧。
  18. ^ 小野塚、鈴木が決勝へ=W杯フリースタイル”. 時事ドットコム 2015.8.21. 2015年8月23日閲覧。
  19. ^ World Cup - Ladies' Halfpipe FIS official Result
  20. ^ 小野塚彩那、涙の金 ソチ銅メダリスト祖父の命日に…日本初快挙”. SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 2017年3月20日閲覧。
  21. ^ 小野塚 ゆかり”. facebook. 2017年3月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

動画[編集]

関連記事[編集]