ウルリヒ・ベーリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
東ドイツの旗 東ドイツ
男子 ノルディック複合
オリンピック
1972 札幌 個人
1976 インスブルック 個人
1980 レークプラシッド 個人
ノルディックスキー世界選手権
1974 Falun 個人
1978 Lahti 個人

ウルリヒ・ベーリンク(Ulrich Wehling, 1952年7月8日 - )はドイツザクセン=アンハルト州(当時東ドイツ)のハレ/ザーレ出身の元ノルディック複合選手。SC Traktor Oberwiesenthalに所属し、1970年代に東ドイツを代表する選手として活躍した。妻はリュージュインスブルックオリンピック (1976年) 代表選手であったEva-Maria Wernicke。

プロフィール[編集]

1971年にヨーロッパジュニア選手権で優勝し注目される。 1972年札幌オリンピックで金メダルを獲得して以降、1976年インスブルックオリンピック1980年レークプラシッドオリンピックとオリンピック3連覇を達成した。これはノルディック複合では唯一の偉業である。

世界選手権では1974年金メダル、1978年銅メダルを獲得、また1975年から1979年まで東ドイツ選手権5連覇を達成している。

ホルメンコーレン大会では1975年、1976年、1977年と3連覇、1976年にはホルメンコーレン・メダルを受賞した。

ベーリンクはドイツ身体文化大学でスポーツ科学を修了、1982年から東ドイツスキー連盟事務総長を務めた。1992年以降現在まで国際スキー連盟のノルディック複合部門レースディレクターを務めており、2006年トリノオリンピック2007年世界選手権でも同職を務めた。スイス在住。

外部リンク[編集]