バシャ・バイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2009年

バシャ・バイツ(Vasja Bajc、1962年1月19日 - )は、スロベニアリュブリャナ出身の元スキージャンプ選手、スキージャンプ指導者。約8年にわたり日本ナショナルチームのコーチを務め、その時期に日本チームが黄金時代を迎えていたこともあり、日本でも良く知られている(日本では「バシャ・バイチ」と登録しており、ファンにサインを書くときに漢字を当てて「馬車馬一」と書くことも多かった)。

プロフィール[編集]

現役時代は身長193センチメートルの大型ジャンパーとして知られた。
1979/80シーズンにスキージャンプ・ワールドカップへデビュー、地元プラニツァでの70m級で自己最高の5位に入った。

1982年ノルディックスキー世界選手権では70m級42位、1985年の世界選手権では70m級45位、90m級47位であった。 1984年サラエボオリンピックユーゴスラビア代表として出場し、70m級17位、90m級15位の成績を残した。

現役引退後1990年からコーチとして活動し、多くのナショナルチームを指導している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本代表選手団プロフィール”. JOC. 2002年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]