西方仁也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 ノルディックスキー
オリンピック
1994 リレハンメル 男子 ラージヒル 団体

西方 仁也(にしかた じんや、1968年12月4日 - )は、長野県下高井郡野沢温泉村出身のスキージャンプ選手。兄の西方俊也もスキージャンプ選手として活躍した。同学年に原田雅彦らがいる。2001年引退。

プロフィール[編集]

野沢温泉中学校-下高井農林高校-明治大学経営学部-雪印乳業

7歳からジャンプを始め、中学3年時全国中学スキー選手権大会を制するなど早くから頭角を現し、1994年リレハンメルオリンピックに長野県出身としては二人目のジャンプ代表として出場した。団体では合計得点254.4で、日本チームでは岡部孝信に次ぐ二番目、全選手では四番目の高さだった。また、高校一年までは複合の選手だった。

身長180cmと日本人ジャンパーとしては大柄な選手であったが、146%ルールで板が大幅に長くなったことを味方にすることが出来ず、腰痛で日本代表から外れた1997年以降は代表に返り咲くことはなかった。1998年地元での長野オリンピックではテストジャンパーの一員として競技運営をサポートした。2001年3月24日伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会を最後に現役を引退した。

現在は東京での社業の傍ら札幌ジャンプ少年団のコーチを務め、息子の慎護らジャンパーの卵たちの育成に当たっている。実家は野沢温泉村で民宿を経営している。

競技成績[編集]

世界選手権1993年ファルン

オリンピック1994年リレハンメル

世界選手権1995年サンダーベイ

  • 個人ノーマルヒル 7位
  • 個人ラージヒル 24位
  • 団体ラージヒル 3位(安崎直幹、岡部孝信、西方仁也、斉藤浩哉

ワールドカップ

ユニバーシアード(1991年札幌市

国内での主な優勝

外部リンク[編集]