伊藤謙司郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 謙司郎
20150927 FIS Summer Grand Prix Hinzenbach 4591.jpg
基本情報
フルネーム Kenshirō Itō
誕生日 (1990-01-08) 1990年1月8日(31歳)
出身地 日本の旗 日本
北海道上川郡下川町
身長 180 cm
選手情報
クラブ 雪印メグミルク
使用メーカー スラットナー
ワールドカップ
シーズン 2006 - 2020
優勝回数 0
他の表彰台 0
表彰台獲得数 0
獲得メダル
ノルディックスキージュニア世界選手権
2007 Tarvisio 団体
2006 Kranj 団体
最終更新日:2020年3月18日
テンプレートを表示

伊藤 謙司郎(いとう けんしろう、1990年1月8日 - )は、北海道下川町出身の元スキージャンプ選手である。

プロフィール[編集]

スキージャンプの指導に力を入れている下川町に生まれ、元ジャンパーの父伊藤敏光に影響を受け5歳からジャンプを始めた。下川町立下川小学校下川町立下川中学校下川商業高校を経て、2008年4月から土屋ホームに所属したが、業績悪化による支援の縮小のため、木下監督、伊東大貴と共に10月限りで退社、12月いっぱいまで支援を受けた後、木下監督、伊東とともに2009年1月1日からはサッポロスキッド名義で活動した(大会に出場するための暫定的な措置で、山田いずみ渡瀬あゆみもサッポロスキッドの名義を借りていたことがある)。2月6日には木下監督、伊東と共に携帯ショッピングサイトを手がけるモバイルコンビニの支援を受けることが発表されたが、4月1日付で伊東と共に雪印乳業(現在の雪印メグミルク)に入社した[1]

小学生の頃から数々の大会で優勝し将来を嘱望され、同い年の栃本翔平と多くの大会でタイトルを分け合ってきた。2000年夏、当時史上最年少の小学5年生にして初めて大倉山ジャンプ競技場を飛んだ[2]。この記録は2007年8月4日に下川小学校4年の伊藤将充が飛ぶまで破られなかった。

下川商業高校1年時のトリノオリンピックでジャンプ史上最年少の日本代表選手に選出されたが、出場機会がなかった。

2006/07年は、夏のコンチネンタルカップリレハンメル大会で1日目に優勝、2日目に2位に入賞し、冬のコンチネンタルカップロヴァニエミ大会で1日目に優勝、2日目に2位に入賞した。また全国高等学校スキー大会に優勝し、2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会では個人ノーマルヒルに出場して37位であった。

ノルディックスキージュニア世界選手権には2004年から2010年まで7大会連続で出場し、団体戦のメンバーとして2006年には銅メダル、2007年には銀メダルを獲得した。

2020年3月末に雪印メグミルクを退社し、現役続行を模索したが、新型コロナウイルス感染拡大による競技環境の悪化により、4月末までに続行を断念し現役を引退した[2]。土屋ホームスキー部事務局兼アシスタントコーチを経て[3]、2021年5月より竹内択が立ち上げたteam takuのコーチに就任した[4]

主な成績[編集]

国際大会[編集]

冬季オリンピック[編集]

世界選手権[編集]

20161001 FIS Sommer Grand Prix Hinzenbach 5146.jpg

ジュニア世界選手権[編集]

ワールドカップ[編集]

シーズン 順位 ポイント
2005/06 . 0
2006/07 82. 5
2007/08 . 0
2010/11 74. 4
2011/12 . 0
2012/13 . 0
2013/14 . 0
2014/15 82. 2
2015/16 59. 16
2016/17 . 0
2018/19 . 0
2019/20 . 0

サマーグランプリ[編集]

シーズン 順位 ポイント
2006 51. 31
2007 65. 14
2008 . 0
2012 38. 57
2013 . 0
2014 63. 14
2015 14. 132
2016 73. 4
2017 75. 7
2018 64. 12
2019 60. 9

コンチネンタルカップ[編集]

シーズン 通算
順位 ポイント 順位 ポイント 順位 ポイント
2005/06 050. 00112
2006/07 012. 00180 017. 00308
2007/08 051. 0031 051. 00117
2008/09 088. 0054
2010/11 094. 0026
2011/12 057. 0030 057. 0085
2012/13 053. 0057 0112. 0057
2013/14 099. 0020 0120. 0020
2014/15 057. 0044 0107. 0044
2016/17 090. 0035 0118. 0035
2018/19 048. 0054 039. 00145 044. 00199
2019/20 049. 0064 059. 0054 058. 00118

国内大会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤謙司郎選手プロフィール”. ジャンプ雪印メグミルク. 雪印メグミルク. 2015年3月23日閲覧。
  2. ^ a b ジャンプの伊藤謙司郎、現役引退「悔いはない」”. スポニチアネックス. 2020年4月30日閲覧。
  3. ^ チーム土屋について”. 【TEAM TSUCHIYA】. 土屋ホーム. 2021年11月7日閲覧。
  4. ^ 「賞金で食べられる世界ではない」。スキージャンプで異例のプロ転向、竹内択が明かす“お金のリアル””. REALSOPRTS. 2021年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]