出来島桃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出来島桃子(できじま ももこ、1974年6月24日 - )は新潟県新潟市西区出身のクロスカントリースキー選手、バイアスロン選手。新潟県立新潟南高等学校を経て、新潟大学工学部に入学、在学中に病気で右腕が不自由になった[1]。大学卒業後は公務員試験に合格し、現在は新発田市役所勤務。2006年トリノパラリンピックに出場しクロスカントリー5kmで14位、15kmでは13位、太田渉子小林深雪と共に出場したリレーでは5位の成績を収めている[2]。2008年からはバイアスロン競技にも出場をはじめ、障害者スキーノルディック世界選手権などでも入賞を果たしている。

ソチパラリンピックの不利な扱いを受けたとする抗議が、国際パラリンピック委員会に棄却された[3]

出典[編集]