マルセル・レイモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
スイスの旗 スイス
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1933 Innsbruck 個人

マルセル・レイモンド(Marcel Reymond、1911年7月7日 - 没年不詳)は、スイスの元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

1933年ノルディックスキー世界選手権で優勝、スイスに史上初の金メダルをもたらした。スイス勢が世界選手権で金メダルを得るのは2007年シモン・アマン2009年アンドレアス・キュッテルまで待たなければならない。 レイモンドは2月8日に行われたこの大会で70.5mを飛び、ベルクイーゼルシャンツェのバッケンレコードを更新した。これは1927年に47.5mが記録されて以来の新記録で、オーストリアのJosef Gumpoldも70.5mを記録した。2月13日にビルゲル・ルートが74.0mと更新し、この記録はその後22年間保持された。

1936年ガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピックでは28位だった。

外部リンク[編集]