久保恒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久保 恒造
名前
基本情報
国籍 日本の旗 日本
所属 日立ソリューションズ
生年月日 (1981-05-27) 1981年5月27日(36歳)
生誕地 北海道美幌町
 
獲得メダル
バイアスロン
パラリンピック
2014 ソチ 7.5kmショート
IPC世界選手権
2013 ソレフテオ 7.5km座位
2013 ソレフテオ 12.5km座位
2013 ソレフテオ 15km座位
クロスカントリースキー
IPC世界選手権
2013 ソレフテオ 10kmクラシカル座位

久保恒造(くぼ こうぞう、1981年5月27日 - )は、北海道美幌町出身の車いす陸上選手。2014年4月より日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)」車いす陸上競技部所属。2013年IPC世界選手権バイアスロン競技金メダリスト。2014年ソチパラリンピックバイアスロンショート銅メダリスト。美幌町「栄誉賞」受賞(2度)、北海道「道民栄誉賞」受賞。2016リオパラリンピック、5000m(T54)、マラソン(T54)日本代表。

人物[編集]

高校3年生の時、交通事故により脊髄を損傷し下半身麻痺となる。

スキー選手となる前は障害者車いすマラソンの国際大会で活躍。2007年に荒井秀樹監督と出会い、クロスカントリースキーを開始。2008年2月のジャパンパラリンピッククロスカントリースキー競技会では、初出場で優勝。2008年ワールドカップノルウェー大会に出場。2009年ワールドカップバイアスロン年間総合ランキング2位。2010年バンクーバーパラリンピック大会のクロスカントリースキーロングで7位、バイアスロンロングで6位入賞。2011-12年ワールドカップにてバイアスロン年間総合ランキング2位。2012-13年ワールドカップではバイアスロン年間総合優勝。2014年ソチパラリンピックに出場し、バイアスロンショートで銅メダルを獲得した。2014年4月より車いす陸上競技へ転向。 2016年リオデジャネイロパラリンピック大会では5000mとマラソンに出場。

主な競技結果[編集]

冬季パラリンピック[編集]

  • 2010年バンクーバーカナダの旗 カナダ
    • クロスカントリースキー 15km座位 7位
    • クロスカントリースキー リレー 5位
    • クロスカントリースキー 1kmスプリント座位 21位
    • バイアスロン 12.5km座位 6位
    • バイアスロン 2.4kmパシュート座位 9位
  • 2014年 ソチロシアの旗 ロシア
    • バイアスロン ショート 7.5km 銅メダル

IPC世界選手権[編集]

  • 2013年ソレフテオ( スウェーデン
    • バイアスロン 7.5km座位 銀メダル
    • バイアスロン 12.5km座位 銀メダル
    • バイアスロン 15km座位 金メダル
    • クロスカントリースキー 10kmクラシカル座位 銅メダル

ワールドカップ[編集]

  • 2009-10年ワールドカップ バイアスロン年間総合ランキング2位
  • 2011年 ワールドカップ ノルウェー大会 バイアスロン ショート/7.5km:3位、パシュート:3位、ロング/15km:3位[1]
  • 2012年 ワールドカップ アメリカ大会 バイアスロン ショート/7.5km:3位、ミドル/12.5km:3位[2]
  • 2012年 ワールドカップ フィンランド大会 バイアスロン ショート/7.5km:2位、パシュート/12.5km:2位[3]
  • 2011-12年ワールドカップ バイアスロン年間総合ランキング2位
  • 2012-13年ワールドカップ バイアスロン年間総合優勝
  • 2013-14年ワールドカップ カナダ大会 バイアスロン ショート/7.5㎞:2位、ミドル/12.5㎞:2位、ロング/15㎞:2位

国内大会[編集]

  • 2008年 ジャパンパラリンピック大会(白馬) クロスカントリースキー/5km:優勝、10km:優勝
  • 2012年 ジャパンパラリンピック クロスカントリースキー競技大会 座位ロング10km、ショート 5.0km:優勝[4]

陸上競技[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 【大会結果】2011ワールドカップ ノルウェー大会 久保選手、太田選手3位獲得 日立ソリューションズ スキー部ブログ 2012年4月17日閲覧
  2. ^ 【大会結果】2012ワールドカップ アメリカ大会 新田佳浩選手金メダル! 日立ソリューションズ スキー部ブログ 2012年4月17日閲覧
  3. ^ 【大会結果】2012ワールドカップ フィンランド大会 久保、太田選手が2位! 日立ソリューションズ スキー部ブログ 2012年4月17日閲覧
  4. ^ 【大会結果】2012ジャパンパラリンピック クロスカントリースキー競技大会 日立ソリューションズ スキー部ブログ 2012年4月17日閲覧

外部リンク[編集]