小林範仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小林範仁
名前
カタカナ コバヤシ ノリヒト
ラテン文字 Kobayashi Norihito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 ノルディック複合
生年月日 (1982-05-04) 1982年5月4日(36歳)
生誕地 秋田県北秋田市
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1999-2000シーズン
引退年 2011
最高成績 4位
 
獲得メダル
ノルディックスキー世界選手権
2009リベレツ 団体

小林 範仁(こばやし のりひと、1982年5月4日 - )は、秋田県北秋田市出身のノルディック複合選手。冬季オリンピック3大会ノルディック複合日本代表。2009年ノルディックスキー世界選手権金メダリスト。

秋田県立花輪高等学校日本大学経済学部経済学科を卒業、東京美装興業に所属していた。現在は秋田テレビに勤務。

経歴[編集]

阿仁町 (現在の北秋田市) で生まれ、父親の影響を受けてノルディック競技を始めた。ジュニア時代から頭角を現し、1999-2000シーズン後半よりノルディック複合・ワールドカップに参戦。

2000-01シーズンは12月30日のリレハンメル大会で12位、2月のノルディックスキージュニア世界選手権では日本勢で初めて金メダルを獲得し、同月に開催されたノルディックスキー世界選手権にも初出場した。2002年2月にはソルトレイクシティオリンピックにも出場し、2003年ユニバーシアードではノルディック複合個人、スプリント、団体の3種目で優勝した。

2005-06シーズン頃より元々得意としていたクロスカントリーに加えて、ジャンプの実力が上昇しW杯での上位進出回数が増加した。1月21日のハラホフ大会で自己最高の4位、翌日も9位に入るとその後も2度目の出場となったトリノオリンピックを含めて安定して20位以内の成績を残した。

翌2006-07シーズンに少し成績を落としたが、2007-08シーズンは1月26日のゼーフェルト大会4位など出場17戦中15戦で20位以内に入る安定した成績を残し、個人総合で自己最高の13位となった。

2008-09シーズンも2度6位に入るなど前半戦より度々上位に進出。2月にリベレツで開催された世界選手権では個人戦ノーマルヒルで5位に入賞、そして湊祐介加藤大平渡部暁斗とともに出場した団体戦では前半ジャンプ5位で迎えた後半距離でアンカーを務め、3位につけていた残り700mでクロスカントリーに強いドイツティノ・エデルマンノルウェーマグヌス・モーアン両選手を追い抜き、ラストのスプリント勝負も制し、日本にとって1995年世界選手権以来14年ぶりとなる団体戦の金メダルを獲得[1]、小林も距離に強い「新しい複合ニッポン」の象徴的存在となった[2]

2009年3月30日、秋田県県民栄誉章受章。

2009-10シーズン、1月16日のショーヌーヴ大会の5位から3戦連続で一桁順位を記録。2月に3度目の五輪出場となるバンクーバーオリンピックを迎えた。個人(ノーマルヒル)では前半ジャンプの12位から、後半の距離では終盤で一時トップに立つ健闘を見せ7位に入賞した。[3][4]

2010-11シーズンもワールドカップ、世界選手権に出場した後、現役を引退した。

引退後は地元秋田の秋田テレビで勤めている。

主な戦績[編集]

オリンピック[編集]

世界選手権[編集]

FISワールドカップ[編集]

  • 初出場 2000年2月12日,日本・札幌大会 - 21位
  • 最高成績 - 4位(2006年1月21日チェコ・ハラホフ大会、2008年1月26日オーストリア・ゼーフェルト大会)
  • シーズン個人総合最高成績 - 13位(2007-2008年シーズン)
  • ワールドカップB - 3位1回

ノルディックスキージュニア世界選手権[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]