金子祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金子 祐介(かねこ ゆうすけ、1976年4月18日 - )は、北海道 札幌市出身の元スキージャンプ選手。2005年から2012年まで札幌大倉山ジャンプ競技場のバッケンレコード(145.0m)を保持していた。

経歴・人物[編集]

札幌市立盤渓小学校、札幌宮の森中学校、札幌日大高日本大学を経て現在東京美装興業所属。父親の金子茂も元ジャンパーである。

2005年3月25日に札幌大倉山で行われた伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会で2本目に145.0mという驚異的バッケンレコード(ジャンプ台記録)を記録、2002年原田雅彦が記録したそれまでの記録141.0mを4m更新した。なお、本人曰く目が悪くて暗い着地斜面が見えず、気がついたら一番下の笹(=距離の目安を示すためにランディングバーンに笹を一列に挿して線を作っている)を越えて飛んでいたとのこと。

2006年(05-06年)シーズンも夏場から好調さを見せ、トリノ五輪出場へ期待を寄せられていたが2005年11月28日に合宿先のフィンランドロバニエミでフライト中に空中で板が外れるという事故に遭い顔面から墜落、当地で緊急手術を受け、顔面骨折・脳挫傷(事故直後は一時心停止もしていたという)で意識が戻らないまま日本へ搬送される。その後意識は回復したものの自分の名前すら思い出せないほどの記憶喪失が残った。そんな段階でのリハビリで誰に教えられるでもなくジャンプのクラウチング姿勢をとったという[1]。婚約者や、自身のスキーへの情熱に支えられてリハビリを重ね、翌シーズンに劇的な復活を果たし、11月に秋田県鹿角市花輪シャンツェでの復帰戦でいきなり優勝した。2007年11月に婚約者と結婚。

その後一時は成績が落ち込んでいたが、2月13日の第22回国民体育大会のジャンプ成年Bの部で優勝、その舞台は復帰戦で優勝を遂げた鹿角市の花輪シャンツェであった。

2008年3月2日、このシーズン限りでの現役引退を表明、3月22日伊藤杯シーズンファイナルの4位を最後に、大倉山のバッケンレコードを保持したまま現役生活に別れを告げた。

怪我を負ってから復活し、その後現役を引退するまでを追ったドキュメンタリー番組が2008年に製作された。また2013年にはこれを基にドラマ「バッケンレコードを超えて」が製作された。

主な競技成績[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ UHB北海道文化放送2008年5月25日放送「バッケンレコードを越えて」

関連項目[編集]