ステファーニア・ベルモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル

ステファーニア・ベルモンド
イタリアの旗 イタリア
女子 ノルディックスキー
オリンピック
1992 クロスカントリー 女子 30kmクラシカル
2002 クロスカントリー 女子15kmフリースタイル
1992 クロスカントリー 女子複合(追い抜き)
1998 クロスカントリー 女子 30kmフリースタイル
2002 クロスカントリー 女子 30kmクラシカル
1992 クロスカントリー 女子団体 4×5kmリレー
1994 クロスカントリー 女子団体 4×5kmリレー
1994 クロスカントリー 女子複合(追い抜き)
1998 クロスカントリー 女子団体 4×5kmリレー
2002 クロスカントリー 女子 10kmクラシカル

ステファーニア・ベルモンドStefania Belmondo 1969年1月13日 - )はイタリアノルディックスキー選手。冬季オリンピックの女子クロスカントリースキー競技で金メダル2個を含む合計10個のメダルを獲得した。

経歴[編集]

ベルモンドはイタリアのピエモンテ州クーネオ県ヴィナーディオで生まれ、3歳でスキーを始めた。 1986年のFISノルディックスキー世界選手権で世界大会のデビューを果たした。翌シーズンにイタリア代表チームの一員となり、1988年カルガリーオリンピックに出場した。1989年ワールドカップソルトレイクシティでの1戦で、ワールドカップ初勝利をあげ、シーズンを総合2位で終えた。

1991年の世界選手権では、女子15kmクラシカル(クラシカル走法)で銅メダル、女子4×5kmリレーで銀メダルを獲得した。1992年のアルベールビルオリンピックでは女子30kmフリースタイルで金メダル、女子複合追い抜き(5 km + 10 km) で銀メダル、女子団体4×5kmリレーで銅メダルを獲得した。1993年の世界選手権では、複合追い抜きと30kmフリースタイルで金メダルを獲得した。しかし右足親指を負傷して手術をしたため、その後4年間、世界選手権を欠場した。

1994年リレハンメルオリンピックには出場したが、怪我の影響で銅メダル2つと振るわなかった。その後、彼女は医者のアドバイスに反して、スキーを続けることを決心した。1996年 - 1997年のシーズンにワールドカップに復帰し、4つの銀メダルを獲得した。1998年長野オリンピックでは、30kmフリースタイル走法で銀メダル、4×5kmリレーで銅メダルを獲得した。 1997年にはホルメンコーレン・メダルを受賞した(ビャルテ・エンゲン・ビークビョルン・ダーリと同時受賞)。

世界大会参加最終年となった2002年には、ソルトレイクシティオリンピックに出場し、女子15kmフリースタイル(マススタート、同時スタート競技)で金メダル、女子30kmフリーで銀メダルを獲得した。ワールドカップも最終的に総合で3位に入った。

彼女の地元、ピエモンテ州で行われた、2006年トリノオリンピックの開会式では、最終聖火ランナーを務めた。

外部リンク[編集]