クリストゥル・ハース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリストゥル・ハース
Christl Haas 1962.jpg
クリストゥル・ハース(1962年)
個人情報
生誕 1943年9月19日
オーストリア、キッツビュール[1]
死去 2001年7月8日 (57歳没)
トルコ、アンタルヤ
身長 177 cm (5 ft 10 in)
体重 70 kg (154 lb)
スポーツ
競技 アルペンスキー
クラブ Kitzbüheler Ski Club

クリストゥル・ハース(Christl Haas、1943年9月13日 - 2001年7月8日)はオーストリアのアルペンスキー選手。1964年、68年の冬季オリンピックに出場し、それぞれ金メダル、銅メダルを獲得した。

経歴[編集]

アルペンスキーのコースがあることで知られるKitzbühelのHahnenkammで育つ。ワールドカップ滑降で計4度優勝している[2]フランスシャモニーで開催された1962年のアルペンスキー世界選手権の滑降で金メダルを獲得した。

20歳の時のインスブルックオリンピック滑降で金メダルを獲得し、国民的英雄となった。母国で金メダルを獲得したこともあり、瞬時にスーパースターとなった。1968年グルノーブルオリンピックでも銅メダルを獲得した。

競技引退後はスキーのインストラクターとなり、Sankt Johannにスポーツ用品店を開いた。オーストリアの金メダリストとして、リュージュ選手Josef Feistmantlとともに1976年インスブルックオリンピック開会式での聖火の点火者に選ばれた[3]。2001年、トルコアンタルヤ地中海を泳いでいる最中に心臓発作を起こし、それが原因で亡くなった[4]

脚注[編集]

  1. ^ Christl Haas. sports-reference.com
  2. ^ Christl Haas AUT”. SKI-DB. 2008年8月4日閲覧。
  3. ^ “WHAT'S IN A FLAME?”. The Washington Post. (2006年2月8日). オリジナルの2012年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121021053706/http://www.highbeam.com/doc/1P2-93341.html 2008年8月4日閲覧。 
  4. ^ “Christl Haas; Skier, 57”. The New York Times. (2001年7月10日). https://www.nytimes.com/2001/07/10/sports/christl-haas-skier-57.html 2008年8月4日閲覧。 

外部リンク[編集]