サラ・バーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サラ・バーク
Sarah Burke 2010.jpg
名前
ラテン文字 Sarah Burke
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 (1982-09-03) 1982年9月3日
没年月日 2012年1月19日(2012-01-19)(29歳)
生誕地 カナダオンタリオ州バリー(en)
死没地 米国ユタ州ソルトレイクシティ
 
獲得メダル
カナダの旗 カナダ
女子フリースタイルスキー
フリースタイルスキー世界選手権
2005年ルカ大会 ハーフパイプ
Winter X Games
2007年アスペン大会(en) スーパーパイプ
2008年アスペン大会(en) スーパーパイプ
2009年アスペン大会(en) スーパーパイプ
2011年アスペン大会(en) スーパーパイプ
2005年アスペン大会(en) スーパーパイプ
ワールドカップ
2008 猪苗代大会 ハーフパイプ
2008 ヴァルマレンコ大会 ハーフパイプ

サラ・ジーン・バーク[1]Sarah Jean Burke1982年9月3日 - 2012年1月19日[2])は、カナダの女子フリースタイルスキーハーフパイプ選手。

Winter X Gamesにて4度優勝する。
2012年1月10日、米国ユタ州のスキー場で練習中に転倒、頭蓋内出血、心肺停止で危篤状態となり、同年1月19日に死亡した。

夫は14歳のときに知り合ったフリースキーヤーロリー・ブッシュフィールド[3]

また選手の傍らフリースタイルスキーハーフパイプのオリンピック競技の採用に尽力、2014年からソチオリンピックの競技に正式に採用された。ソチオリンピックではフラワーセレモニーの表彰台でメダリストたちが天に向かってハートマークのポーズを見せ追悼の意を表した、またパイプコース整備スタッフもハートマークで列を組んで滑走した。

試合後には金メダリストのマディー・ボーマンが「サラ・バークは私たちと共にここにいる」「スキーに全力で打ち込み、自分のやっていることを愛し、自分の人生を愛するという永久の遺産を彼女は残した」とコメントを残している[4]

主な戦績[編集]

  • 2005 World Ski Championship(Ruka) - 1位
  • 2005 Winter X Games Aspen - 2位
  • 2006 FIS World Cup(Apex) - 1位
  • 2007 FIS World Cup(Les Contamines) - 1位
  • 2007 Winter X Games Aspen - 1位
  • 2008 FIS World Cup(Inawashiro) - 1位
  • 2008 FIS World Cup(Valmalenco) - 2位
  • 2008 Winter X Games Aspen - 1位
  • 2009 Winter X Games Aspen - 1位
  • 2011 Winter X Games Aspen - 1位
  • 2011 FIS World Cup(La Plagne) - 1位

脚注[編集]

  1. ^ Sarah Burke timeline, September 3, 1982 – January 19, 2012”. FreeSkier Magazine (2013年1月1日). 2014年2月21日閲覧。
  2. ^ 女子ハーフパイプのサラ・バークが死去
  3. ^ Morrow, Adrian, Robert Macleod, and James Christie (2012年1月19日). “Sarah Burke, a fearless competitor who shaped her sport” (英語). The Globe and Mail. 2014年4月8日閲覧。
  4. ^ CNN.co.jp : スキー女子HPで小野塚が銅、フィギュア女子はロシアが初の金 ソチ五輪”. CNN.co.jp (2 21, 2012). 2014年4月8日閲覧。

[編集]