カバーオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カバーオール: coverall)とは衣服の一種。本来はトップスボトムスが繋がった、つなぎのような形の衣服を指し、乳幼児向けではそのような衣服を指すが、それ以外では作業着のトップスの総称として使われることがある。

乳幼児向け衣服としてのカバーオール[編集]

形はロンパースと似ているが、ロンパースは下着として着用されることが多いのに対し、こちらは下着の上に着用する中着(上着)。

本来とは違う意味で使われるカバーオール[編集]

明確な定義はないが、作業着、元々は作業着として作られていた衣服、作業着を模して作られた衣服のトップス(アウター)の総称として使われる。 ボトムスは含まず、またジージャンオーバーオール、つなぎといった、より認知度が高いであろう呼び名が別途存在するものは、ここから除外されることが多い。

カバーオールと呼ばれる衣服の一例を挙げると、ロコモーティブジャケット(: locomotive機関車)、レイルローダージャケット(: railroader鉄道員)、チョアコート(: chore‎、雑役夫)、エンジニアコート、バーンコート(: barn‎、納屋)、オーバーシャツなどがある。

関連項目[編集]