高塚駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高塚駅
駅舎(2011年1月)
駅舎(2011年1月)
たかつか - Takatsuka
浜松 (4.4km)
(5.1km) 舞阪
所在地 浜松市南区高塚町
所属事業者 JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 東海道本線
キロ程 262.4km(東京起点)
電報略号 タツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
2,470人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)7月1日
備考 駅員配置駅
みどりの窓口
ホーム(2011年1月)

高塚駅(たかつかえき)は、静岡県浜松市南区高塚町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線である。南区に設置されている唯一の駅である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する地上駅。上り方面が島式である。上り本線と下り本線の間にホームのない中線があり、貨物列車の待避や浜松 - 高塚間の回送列車の折り返し線として使用されている。3番ホーム(上り1番線)発着列車は、現在設定されていない。互いのホームは跨線橋で連絡している。

駅舎は開業時に建築された木造平屋建てだが改装済み。駅長は配置されない駅員配置駅(直営駅)であり、浜松駅が当駅を管理する。自動券売機みどりの窓口自動改札機(簡易型)が設置されている。

なお、浜松市は国費による高塚駅周辺地区における鉄道を主体とする交通結節機能の改善を目的とした市街地整備を計画している。2010年度は、高塚駅の南北歩行者導線を確保する自由通路、北口、南口、駅前広場等の新設基本計画策定調査を実施する。

高塚駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 東海道本線 下り 豊橋名古屋方面[1]
2 東海道本線 上り 浜松静岡方面[1]
3 (予備ホーム)

なお、西浜松駅 - 高塚駅間は西浜松駅の構内が高塚駅直前まで延びている関係で、東海道本線の複線と西浜松駅構内の単線の3線構造となっている。

利用状況[編集]

「静岡県統計年鑑」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1993年 2,428
1994年 2,204
1995年 2,235
1996年 2,264
1997年 2,232
1998年 2,184
1999年 2,183
2000年 2,177
2001年 2,191
2002年 2,246
2003年 2,330
2004年 2,389
2005年 2,332
2006年 2,382
2007年 2,496
2008年 2,499
2009年 2,358
2010年 2,368
2011年 2,430
2012年 2,470

駅周辺[編集]

駅周辺は浜松市南区の中心。北東にスズキ株式会社の本社、および、本社工場が広がる。1929年に信号場からの格上げという形で開業した当時の所在地は浜名郡可美村で、1991年(平成3年)5月1日に可美村が浜松市に編入となるまでは、東海道本線では最後の「村にある駅」だった。

歴史[編集]

予定[編集]

  • 2015年(平成27年)- 橋上駅舎、南北自由通路完成予定。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
東海道本線
特別快速・新快速・区間快速・普通
浜松駅 - 高塚駅 - 舞阪駅
※貨物駅を含めた隣駅
西浜松駅 - 高塚駅 - 舞阪駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2011年1月現在)。

関連項目[編集]