徐晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徐晃
 
陽平侯・右将軍
出生 生年不詳
河東郡楊県
死去 太和元年(227年
公明
諡号 壮侯
主君 楊奉曹操曹丕曹叡

徐 晃(じょ こう、? - 227年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将。に仕えた。公明(こうめい)。河東郡楊県(現山西省洪洞県南部)の人。子に徐蓋、孫に徐覇。『三国志』魏志に伝がある。

生涯[編集]

郡の役人を務めていた後、車騎将軍楊奉李傕の部下)に仕え、賊の討伐で功を挙げて騎都尉に任ぜられた。

李傕と郭汜が対立し長安が混乱すると、徐晃は楊奉に献帝を連れて洛陽に戻ることを進言し、楊奉はこの考えに従い献帝を連れて洛陽に戻った。献帝が安邑まで来たところで、徐晃は都亭に封じられた。

洛陽まで辿り着いたところで、今度は韓暹董承が対立を始めた。徐晃は楊奉に曹操に帰服するように進言し、楊奉も一時はその進言を受け入れる気になっていたが、心変わりし曹操と対立した。曹操が梁の楊奉を討伐すると、徐晃は曹操に帰順することになった。

曹操は徐晃に兵を与えて巻・原武の賊軍を討伐させた。裨将軍に任命された。呂布との戦いにも付き従い、呂布の将の趙庶・李鄒らを降伏させた。史渙[1]と共に眭固を破った。さらに曹操に従い劉備を破った[2]

袁紹との官渡の戦いの序盤では、白馬顔良を破り[3]、延津では文醜を破った[4]。偏将軍に任命された。曹洪と共に㶏[5]彊の賊の祝臂を攻撃し、これを破った。

袁紹との戦闘が膠着状態になると、曹操は荀攸の進言に従い徐晃と史渙を派遣し、袁紹軍の輸送隊を故市で攻撃させ、数千台の穀物輸送車を焼き払った[6]。最大の戦果を挙げたとして都亭侯に封じられた。

袁譚袁尚との戦いでも功績を挙げた。曹操がを包囲し邯鄲を破ると、易陽の県令の韓範は降伏を申し出てきたが、後に前言を翻し城に籠って抵抗してきた。徐晃は曹操の命令でこれを攻撃することになったが、城中の韓範に矢文を送り、事情を話して降伏を促すと、韓範はすぐに降伏した。徐晃は曹操に対し、易陽を攻め滅ぼすと、他の城は挙って曹操に抵抗するようになるだろうから、易陽の降伏を許可するように願い出、曹操の賛同を得た。別軍を率いて毛城を攻撃、伏兵を用いて三つの営を撃破した。南皮の袁譚を破り、平原をも平定した。曹操が蹋頓を攻撃するため柳城に遠征したのに従い、横野将軍に任命された。

荊州征討にも従い、別軍を率いて樊に駐屯し、中廬・臨沮・宜城の賊を征伐した。満寵と共に関羽を漢津に討伐し、曹仁と共に江陵(南郡)で周瑜を攻撃した。

建安15年(210年)、夏侯淵の指揮下で[7]太原の反乱を征伐し、大陵を包囲し陥落させ、賊の商曜を斬った。

馬超韓遂が関右で反乱を起こすと、曹操は徐晃に命じて汾陰に駐屯し、河東を鎮撫させると同時に、牛と酒を与えて徐晃の先祖の墓を祭らせた。曹操は潼関まで来たが、黄河を渡れないことを懸念した。徐晃は蒲阪津を渡り、敵の背後に陣地を作る策を提案し、精鋭を借り任務に着くことを願い出た。徐晃は4000人の歩兵と騎兵を率いて[8]蒲阪津を渡り陣地を作り、作業を妨害するために5000人の歩兵と騎兵を率いて夜襲をかけてきた梁興を破った。曹操は黄河を渡り馬超らを討つことができた(潼関の戦い)。徐晃は夏侯淵らと共に隃麋・汧の族を討伐し、曹操と安定で落ち合った。曹操が鄴に帰還した後も、夏侯淵らと共に鄜と夏陽の反乱の残党を討伐し、梁興を斬り、3000余の家を降伏させた。

漢中張魯討伐にも従い、櫝・仇夷の氐族を討伐し、全てを降伏させた。平寇将軍に任命された。将軍の張順の包囲を解き、賊の陳副らの30余の屯営を攻撃し、全てを打ち破った。漢中を平定した曹操は鄴に帰還したが、夏侯淵と徐晃らを南鄭に残存させ、陽平で劉備を防がせた。劉備は部将の陳式に命じて馬鳴閣街道を防がせたが、徐晃はこれを攻撃し破り、多くの兵が山谷に身を投げて死んだ。曹操はこの戦果を喜び、徐晃に節を与えるとともに布告を出し、その成果を大いに喧伝した。夏侯淵が戦死すると、曹操は後に自身で陽平まで親征したが撤退し、漢中の諸軍も撤退することになった。

曹操の命令で荊州へ向かい[9]、関羽の攻撃を受けている曹仁を救援するために駐屯した[10]樊城の曹仁と襄陽の呂常は何れも関羽の包囲を受けており、先に救援に出向いていた于禁の七軍も、川の氾濫により降伏を余儀なくされるなど不利な戦況であり、徐晃の率いていた兵士も新参者が多く、関羽と戦うのは難しい状況にあった。

徐晃は軍を前進させ陽陵陂に進撃したが、趙儼の進言に従い、徐晃は独力での攻撃は行なわず、更なる援軍を待った。曹操からの救援軍である呂建・徐商の軍と合流し、偃城の賊と対峙した。徐晃は塹壕を掘り、敵の背後を断つ姿勢を見せると、敵は屯営を焼き払い撤退した。徐晃は偃城を手に入れると、両面に陣を連ねて徐々に前進し、関羽の包囲陣の3丈程まで来た。曹操から新たに殷暑・朱蓋ら合計12屯営の軍が増援として付けられた[11]。関羽の軍は囲頭と四冢に屯営を築いていたが、徐晃は囲頭を攻撃すると見せて、実際には四冢を攻撃した。関羽が自ら歩兵と騎兵5000人を率いて四冢の救援に出向いてくると、徐晃はこれを打ち破った[12]。敵の中には自ら沔水に飛び込んで死ぬ者もいたという。

曹操は「予は30年以上も兵を用い、古の戦上手な将を数多く知っているが、このように敵包囲網に突撃した者はいなかった。しかも樊城における状況は、の莒・即墨を包囲した時以上に困難なものであった。将軍の功績は孫武司馬穰苴にも勝るものであろう」と布告を出し、徐晃を褒め称えたという。

徐晃の軍が曹操の本営である摩陂に辿り着くと、曹操は7里先まで出向いてこれを出迎え、この戦勝を祝い宴を催し、徐晃に酒を勧めて彼を労った。この時、他の軍勢も集結していて、多くの軍の兵卒たちは持ち場を離れて騒いだりしていたが、徐晃の軍だけは将兵が整然と陣に着いていて持ち場を離れる事が皆無だった。これを見た曹操は益々徐晃を篤く信頼し、「徐晃には周亜夫の風格がある」と称えたと言う。(樊城の戦い

曹丕(文帝)が魏王になると右将軍・逯郷侯に昇進し、禅譲により帝位に就くと楊侯に昇進した。夏侯尚と共に上庸で劉備軍を打ち破った。徐晃は陽平を鎮護し、陽平侯に改封された。

関羽を敗死させて南郡(江陵)を奪い取った孫権は、一時魏が放棄していた襄陽をも占拠し、部将の陳邵に守備させていた。徐晃は曹仁と共に陳邵を破って襄陽を奪回した(「諸夏侯曹伝」)[13]

曹叡(明帝)の時代には諸葛瑾の攻撃を防ぎ、200戸を加増されて3100戸となった。太和元年(227年)に病死。病気が重くなると、時節の服装での埋葬を遺言した。壮侯され、子の徐蓋が跡を継ぎ、その死後は孫の徐覇が継いだ。また、明帝は領地を分割し、徐晃の子孫2名を列侯に封じた。

陳寿は、曹操在世時に最も功績を挙げた将軍として張遼楽進・于禁・張郃と同じ巻に徐晃の伝を収めている。

人物[編集]

徐晃は武功を挙げても奢る素振りは見せず、部下には親身に接したために人望が厚かったと伝えられる。彼は常に「昔の人はよく明君に出会えぬことを嘆いたものだが、わしは幸運にもその明君にお会いする事ができた。だから、功績を挙げてこの幸運に答えなければならぬ。個人の功名など何程のこともない」と言い、最後まで徒党を組む事はしなかった。

用兵では間者を使った情報収集を重視し、常に敗戦時の対策を念頭に置いて戦いを進めるなど堅実であったが、その一方で好機と見るや、配下に食事の暇も与えないほどの猛烈な追撃を行うこともあった。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、大斧を愛用する武将として登場する。楊奉配下の猛将であったが、曹操の計略と満寵の説得により楊奉から離反し、曹操配下の武将となる。白馬・延津の戦いでは、袁紹軍の武将である顔良・文醜の武勇に圧倒されるが、関羽に救われている。漢中の戦いでは、副将の王平と意見が合わずに衝突し、結果として王平が劉備軍に寝返ったことに激怒する(王平が徐晃の副将という話は創作)など、少々短気な面も見せるが、荊州の戦いでは怪我をしていたとはいえ関羽を一騎打ちで退けている。最期は、正史で病死した翌年、かつて臣だった孟達が再び帰参する動きを見せたために、司馬懿がその討伐に当たった時、偶々遭遇して同行したが、緒戦で孟達が放った矢が額を貫き、大量出血で絶命するという設定になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 「武帝紀」によると建安4年(199年)夏4月の出来事。「于禁伝」によると、史渙と共に射犬の眭固を攻撃したのは曹仁と于禁。「楽進伝」によると楽進も従軍。
  2. ^ 「武帝紀」建安4年(199年)12月にある、劉備が沛で曹操に反乱を起こした事件。「武帝紀」によると建安5年(200年)春正月。「楽進伝」によると楽進も従軍。
  3. ^ 「武帝紀」によると建安5年(200年)2月の出来事で、劉備の降将関羽と呂布の降将張遼が先鋒を務めた。
  4. ^ 「武帝紀」によると建安5年(200年)2月の出来事。「荀攸伝」によると、曹操が荀攸の進言に従い、計略により文醜の軍を混乱させていた。
  5. ^ 本来の文字は「氵」+「隐」
  6. ^ 「武帝紀」によると、建安5年(200年)8月から冬12月の間に起きた戦い。「荀攸伝」によると、徐晃の抜擢は荀攸の進言によるもの。
  7. ^ 「諸夏侯曹伝」
  8. ^ 「武帝紀」によると、建安15年(210年)秋7月の出来事。朱霊が同行。
  9. ^ 「趙儼伝」によると曹仁の軍事に参画するため趙儼が同行。
  10. ^ 「武帝紀」によると建安24年(219年)8月の出来事。
  11. ^ 董昭伝」によると、この時、曹操は孫権に命じて関羽の背後を脅かす計画を立てていたが、董昭の進言により、その計画を城中だけでなく関羽の陣営にもわざと漏らすことにしたため、徐晃に命令を出し、両方の陣地に孫権からの手紙を射込ませたという。
  12. ^ 徐晃と関羽とは旧知であったため、決戦前に言葉を交わしたという(蜀志「関羽伝」が引く『蜀記』)
  13. ^ 「諸夏侯曹伝」では、曹仁はこの功績で車騎将軍から大将軍に昇進したとあり、「文帝紀」では曹仁の大将軍の任命時期は黄初2年(221年)夏4月。

関連項目[編集]