曹洪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
曹洪
驃騎将軍
出生 生年不詳
豫州沛国譙県
死去 太和6年(232年
ピン音 Cao Hong
子廉
諡号 恭侯
主君 曹操曹丕曹叡

曹 洪(そう こう、? - 232年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。子廉曹操の従弟。衛将軍曹瑜の族子。『三国志志「諸夏侯曹伝」に伝がある

曹操の養祖父である宦官曹騰の血族である、沛国譙県の曹氏の一族の1人である。曹騰や尚書令曹鼎の甥に当たる[1]

曹操の功臣の1人であるが、私欲が深かったため失脚した。

生涯[編集]

若い頃、伯父の曹鼎が尚書令だった縁故で、蘄春の県長に推挙された[2]

初平元年(190年)、曹操が反董卓の義兵を起こすと、その挙兵に従って、そのまま同族の曹仁らと共に武将として仕えた。

曹操が滎陽で徐栄に大敗し敵軍に追撃された。この時、曹洪は馬を失った曹操に自分の馬を譲ろうとした[3]。曹操は最初は辞退したが、曹洪は「天下に洪なかるべきも、公なかるべからず」と直言して曹操に馬を譲り、自分は徒歩で曹操に付き従った。やがて水に達すると、水嵩が深く渡るのが困難な状況であったため、曹洪は岸辺を巡り歩き船を探し出し、曹操と共に船に乗って、汴水を渡って譙まで逃げた[4]

この敗戦後、曹操は軍の再建のために揚州に赴き兵を募った(「武帝紀」)。この時、曹洪は親交のある揚州刺史陳温の協力を得て私兵千余人を連れ、廬江で精鋭2000、丹陽で数1000の兵を手に入れ、龍亢で曹操と合流している。

194年兗州張邈呂布を引き入れて反乱を起こした。当時、大飢饉が起きていたが、曹洪は本軍に先行して東平・范を占拠し、本軍に食料を補給した。曹操が呂布を敗走させた後は、反乱に与しなかった東阿に拠って、済陰・山陽・中牟・陽武・京・密といった合計十県以上を攻撃し、全て攻め落とした。この前後の功により、鷹揚校尉に任じられ、さらに揚武中郎将に昇進した。

196年1月、曹操は長安から脱出してきた献帝を迎え入れようとし、曹洪が兵を率いて出迎えの任に当たった。しかし、董承袁術の部将萇奴と共に要害を守備し、曹洪の進軍を阻んだため果たせなかった(「武帝紀」)。

後に、董承と和解した曹操が同年9月に許都に献帝を迎えると(「武帝紀」)、曹洪は諫義大夫に任命された。

曹操が司空に任命されると、世間に模範を示すために、毎年の納税の時に本籍の県令に自分の資産を調べさせる事にした。譙県の県令が、曹操の資産は曹洪の資産と同等であるという報告をすると、曹操は「わしの財産が子廉の財産と同じ筈はない」と言ったという(『魏略』)。

200年袁紹との官渡の戦いでは兵糧などの後方補給などで曹操を常に補佐した。徐晃と共に㶏[5]彊の賊の祝臂を攻撃し、これを破った(「徐晃伝」)。

曹操が烏巣を攻撃した時にその留守を懸命に守り、袁紹の武将張郃高覧らの攻撃を防御した。張郃らが降伏を申し入れてくるとその意図を疑ったが、荀攸の助言によりこれを受け入れた(「荀攸伝」)。

曹操が荊州劉表を討って、西平に進むと曹洪は別軍を率い、舞陽・陰葉・堵陽・博望の各地で劉表の部将を破った[6]。この功により、厲鋒将軍に昇進、国明亭侯に封じられた。続いて都護将軍に任命された。

曹洪は都護になると、阮瑀阮籍の父)を書記に迎えようと試みたが、阮瑀には辞退されている(「王粲伝」附「阮瑀伝」)。

曹操の太子には曹丕がなっていた。ある時、曹丕は曹洪から100匹の絹を借りようとしたが、拒絶されたという(『魏略』)。

217年冬10月、劉備の部下張飛馬超呉蘭らが下弁に攻め込んでくると、曹操は曹洪に命じてこれを防がせた。曹洪のために曹操は参軍として族子曹休を付け、さらに曹操は曹休に対して、実質的な指揮官は曹休だといい含めた(「辛毗伝」・「曹休伝」)。他に張既楊阜らを率いていた(「張既伝」・「楊阜伝」)。曹洪は、下弁の呉蘭と固山の張飛のどちらを討つかで迷ったが、曹休の進言に従い呉蘭を打ち破り、張飛を敗走させた[7]

曹洪は大宴会を催し、薄着の歌姫に舞楽を行わせた。しかし楊阜は大勢の席上で女性の肉体を剥き出しにするのは不道徳だとして、曹洪を責めた。すると曹洪はすぐにこの舞楽を止めさせた(「楊阜伝」)。曹操は曹洪の財貨と女色を好む性格を熟知しており、前漢の高祖(劉邦)に比して、曹洪とその参謀であった辛毗、さらに曹休に向かって慎重に警告している(「辛毗伝」)。

220年、曹丕(文帝)が即位すると衛将軍となった。その後、驃騎将軍に昇進し野王侯に封じられ、領邑1000戸を加増され計2100戸となり、特進の待遇を受ける事になった。暫くすると、都陽侯に国替えされた。

ある時、文帝が友人の呉質のために宴席を設けた。呉質を労うために宴席の参加者は、特進以上の待遇の人物が呼び集められ、曹洪もそれに参加した。宴席で呉質は、曹真が太っている事をからかった。曹真は怒ったが、曹洪は王忠と共に曹真をさらに冷やかしたという(「王粲伝」が引く『呉質別伝』)。

曹洪は資産家であったが吝嗇であった。また、その食客や縁者には奢り昂ぶり不法を働く者も多くいた。

文帝は、以前に借財を拒絶した経緯から曹洪を恨んでいたため、曹洪の食客が罪を犯した時、曹洪をそれに連座させて死罪に処そうとした。群臣達は曹洪の赦免を求めたが、救う事ができなかった。曹真もこれを諌めたが果たせなかった(『魏略』)。結局は卞太后(曹丕の生母)の取り成しによってようやく死罪は免れたが、所領と爵位を削られた。この処置に、曹洪の功績を知る多くの人達は釈然としない思いであったという。財産も一時没収されたが、卞太后の計らいで戻されている(『魏略』)。曹洪は死罪を免れた事を喜び、謙った内容の上書をして陳謝したという(『魏略』)。

226年、文帝が逝去し太子の曹叡(明帝)が即位すると、曹洪は後将軍に任命され、改めて楽城侯に封じられ、1000戸の領邑を与えられた。特進を加えられ、再び驃騎将軍に任命された。

明帝の時代、乳母の当が洛陽において法に違反し、大理正の司馬芝に処刑されそうになった時、卞太皇太后がこれを救おうとしたが、司馬芝は処罰を覚悟で法を執行し、当は処刑されてしまった(「司馬芝伝」)。

232年、死去。享年は不明である。恭侯と諡され、子の曹馥が後を継いだ。曹洪の子の曹震が曹操の時代に列侯に封じられており、族父の曹瑜は衛将軍になっている。また、娘は荀粲に嫁いでいる。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、曹仁と共に曹操の挙兵から付き従う武将として登場する。目立った活躍こそ少ないが、曹操軍の主な戦の大半にその名前が登場する。やや血気に逸る性格として描かれ、馬超征討戦では先鋒として潼関守備の任を与えられ、曹操より打って出る事を禁じられるが、馬超軍の兵士に罵倒された事を怒り、曹操の命令を破り打って出てしまい、潼関を馬超軍に奪われる。その事で曹操の怒りを買うが、暫くして馬超に追い詰められた曹操を救ったために、潼関敗北の罪は相殺されている。曹操の死後は目立った活躍はなく、曹丕の帝位簒奪の際、曹休と共に宮中に押し入り玉璽を奪うが、その後は登場しなくなる。

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』「党錮列伝」・『三国志』「曹洪伝」が引く『魏書』より。
  2. ^ 三国志』「曹洪伝」が引く『魏書』による。
  3. ^ 曹洪は白鵠という名馬に乗っていたという(『拾遺記』・『太平御覧』)。
  4. ^ 三国志演義』では、曹洪が曹操を担いで汴水を渡った事にされている。
  5. ^ 本来の文字は「氵」+「隐」
  6. ^ 「武帝紀」によると、203年8月に曹操が西平に侵攻している。
  7. ^ 「曹休伝」。「武帝紀」では、218年、呉蘭を破り、敵将の任夔を斬ったとあり、3月には張飛と馬超は漢中に撤退し、また陰平族の酋長の強端が、呉蘭を殺しその首を送ってきたという。