曹仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
曹仁
陳侯・大将軍大司馬
出生 建寧元年(168年
豫州沛国譙県
死去 黄初四年3月19日223年5月6日
ピン音 Cáo Rén
子孝
諡号 忠侯
主君 曹操曹丕

曹 仁(そう じん、建寧元年(168年) - 黄初四年3月19日223年5月6日))は、中国後漢末期から三国時代の武将。子孝(しこう)。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市)の人。曹操の従弟。曹純の兄。曹泰・曹偕・曹範らの父。曹初の祖父。『三国志志「諸夏侯曹伝」に伝がある。

曹魏の最古参武将の一人として各地を転戦し、晩年は大将軍大司馬にまで昇った。

一族[編集]

曹操の養祖父の宦官曹騰の兄の穎川太守曹褒の孫にあたる人物であり、曹操とは血縁関係はない。父の曹熾(字は元盛[1])は侍中・長水校尉を務めた。

1974年から1977年にかけて、安徽省亳州市亳県(漢代は国譙県)の城南一帯で古墳群が発掘(曹氏公園と名づけられる)された。 調査の結果、この古墳群は曹一族の墓と判明した。それによると「大長秋曹騰、会稽曹君(曹胤)、故潁川太守曹褒、長水校尉曹熾、呉郡太守曹鼎…」と曹一族の名が記されている[2]

生涯[編集]

曹操に付き従う[編集]

武勇に優れ、若いころは弓術・馬術・狩猟を好んだ。父は弟の曹純が14歳のときに亡くなったが、曹仁は曹純とは別居していたという(『英雄記』)。

190年董卓討伐の際、密かに若者千人を集め、淮水・泗水(徐州一帯)で暴れまわった。その後、曹操の配下に入り、別部司馬・行厲鋒校尉となった。

193年袁術との戦いで多くの敵兵を討ち取ったり、捕虜にしたりした。さらに、陶謙との戦いでは騎兵を率いて先鋒となり、別軍を率いて陶謙の部将である呂由を破り、彭城において本軍に合流し、そこでも大いに功績を挙げた。曹操が費・華・即墨・開陽を攻撃すると、陶謙が援軍を派遣してきたが、曹仁は再び騎兵を率いて、これを大いに破った。

194年からの呂布との戦いでは、別軍を率いて句陽を攻め落とし、呂布の部将の劉何を捕虜にした。

196年、曹操は豫州の黄巾賊を討伐し、献帝を迎えて許昌を都に置いたが、このことについて曹仁は功績を挙げたので、広陽太守に任命された。しかし、曹操は曹仁の勇気と智略を評価していたので、広陽郡に赴任させずに、議郎の地位のままで騎兵隊を指揮させた。

197年荊州張繍との戦いで、曹仁は別軍を率いて近隣の県を攻撃し、3000人の男女を捕虜にした。曹操は敗北を喫し張繍の追撃を受けることになったが、曹仁は士気が下がった兵士を督励して、功績を挙げた。曹操は曹仁の働きに深く感嘆した。

河北平定戦[編集]

199年春2月、河内張楊が暗殺され、その旧部下が曹操派と袁紹派に分かれて対立し、袁紹派の眭固が主導権を握り、射犬に駐屯して袁紹の軍を呼び寄せようとした。夏4月、曹仁は曹操の命令で、史渙らと共に、袁紹と合流しようとした眭固を犬城において破り、斬った(「武帝紀」)。

200年、曹操と袁紹が決戦したとき(官渡の戦い)は、袁紹の部将の劉備が隐强(許昌の周辺)を攻撃し、多くの諸県を袁紹側に寝返らせていたため、曹操は不安になった。曹仁は曹操に対し、劉備が来てから日が浅いことから、今なら破ることが出来ると主張、騎兵を率いて劉備を破り、離反した諸県を全て降伏させた。

袁紹の部将の韓猛が、別働隊を率いて西方の交通の遮断にかかると、曹仁は雞洛山で韓猛を破った。また、史渙とともに袁紹の兵糧車を襲撃し、これを焼き払った。

205年高幹の立て籠もる壺関を包囲した際、曹操が「敵は一人残らず穴埋めにせよ」と命ずると、曹仁は「退路を開けないため敵は必死なのです。これと戦うのは良策ではありません。」と諫めた。その意見を用いると見事に敵は降伏した。曹仁はこの前後の功績により都亭侯に封じられた。

軍功を積む[編集]

209年、荊州の南郡攻防戦で曹仁は南郡を守り、孫権軍の都督周瑜と戦った。周瑜が数万の兵を率い来襲すると、曹仁は部将の牛金に300の兵を与え、周瑜軍の先鋒の6000騎の軍勢と戦わせるが、牛金は包囲された。これを見た長吏の陳矯らは青ざめたが、曹仁は激怒し、陳矯の静止を振り切って直属の勇士数10騎を率いて、堀を渡ってそのまま敵陣に突入し、果敢に牛金を救助してその名を轟かせた。陳矯らは曹仁の勇敢さを称賛し、曹操も曹仁の功績を評価し、安平亭侯に国替えした。

その後、曹仁は周瑜に重傷を負わせるなど善戦したが、結局は周瑜・劉備らに敗れ南郡を失った(「周瑜伝」)。

211年馬超が反乱を起こすと(潼関の戦い)、曹操は曹仁を行安西将軍に任命し、潼関を守備させて防御軍の司令官とした。曹操は馬超を渭南で破った。

蘇銀と田伯が反乱を起こすと、曹仁が行驍騎将軍に任命され、七軍の司令官としてその追討にあたった。その後、行征南将軍・仮節として樊城に駐屯した。

218年、過酷な軍務が原因で宛の豪族の侯音・衛開らが、関羽と内通して謀反を起こした。曹仁は樊城に駐屯していたが、この反乱を龐悳と共に討伐し、南陽太守の東里袞と合流した。翌219年正月に、これを襲撃し宛城を陥落させて、侯音らを処刑し、樊城に帰還した。正式に征南将軍に任命された。

関羽との荊州争奪戦では、連日の悪天豪雨によって樊城を水攻めにされ、援軍の于禁ら七軍も壊滅した。関羽は船を並べて樊城を包囲し、曹仁の手元には数1000の人馬しか残っていなかったが、徐晃の援軍到達まで軍規を徹底し、兵を鼓舞してよく守り、その猛攻を防ぎ切った。徐晃が外部から関羽を攻撃すると、曹仁も城から出て関羽を攻撃し、関羽を撤退させた(樊城の戦い)。

曹魏の功将[編集]

220年曹丕(文帝)が位につくと、車騎将軍・都督荊益州諸軍事・陳侯に昇進し、2000戸の加増を受け、領邑計3500戸の大功郎となった。父の曹熾にも陳穆侯が追贈され、墓守りの家が10軒つけられた。

中央では「樊・襄陽には食糧がないので防ぐことができない」との意見が出され、曹仁は渋りつつも荊州北部を捨てて宛に撤退したが、案の定襄陽を孫権に占拠されてしまった。その後、徐晃らと共に襄陽に立て篭るの陳邵を破り、襄陽を奪還した。将軍の高遷に命じて、漢水南部の住民を北部に移住させるように計らった。

221年4月、文帝は曹仁を大将軍に任命し、次に臨穎に屯地を移転させて大司馬に任命した。曹仁は諸軍を指揮して烏江を占拠し、引き返して合肥に駐屯した。

222年秋9月、歩兵と騎兵数万を率いて濡須に進軍した(「呉主伝」)。この戦役は曹休らが洞口、曹真らが江陵へ同時期に進撃する大規模なものだった。

223年3月[3]、部将の常雕や子の曹泰に別働隊を率いさせ、呉の濡須督だった朱桓を欺き、呉軍を分散させることに成功したが、朱桓の本隊が少ない手勢で奮戦したため攻め切れず、常雕の別働隊が先に打ち破られたため、軍を引いて撤退した(濡須の戦い)。

223年黄初4年)3月19日[4]、死去。56歳であった。忠侯と諡され、子の曹泰が後を継いだ。また、曹偕・曹範にも邑が分与され、ともに列侯となった。

曹泰は鎮東将軍・仮節まで昇進した。曹泰の跡はその子の曹初が継いだ。

評価[編集]

曹仁は若い頃は乱暴者であったが、曹操に従って武将として過去の行為を戒めて、成長した後は厳格に法を遵守し、常に法と照らし合わせて信賞必罰を行なうなど、諸将の見本になったとされている。曹丕は烏桓征伐に赴いた曹彰に対し、曹仁を見習って軍令を適用するようにと手紙で忠告している。

『傳子』では曹仁の武勇は孟賁夏育に匹敵し、張遼はその次に位置すると評価している。

脚注[編集]

  1. ^ 曹操一族の墳墓から、「長水校尉曹熾字元盛」と描かれたレンガが出土した。 安徽省亳県博物館「亳県曹操宗族墓葬」『文物』8期、1978年、p33。
  2. ^ 水経注』によると、譙県に曹騰の兄の墓があり、その碑文は「漢の潁川太守曹君(曹褒)は、延熹9年(166年)に没した」および「(子の曹熾は)大中大夫・司馬・長史・侍中を歴任し、長水校尉に昇進し、39歳で没した」と記されている。また、177年熹平6年)、曹褒の子で曹熾の弟である曹胤(曹仁の叔父)が埋葬され、その碑文に「漢の謁者(曹胤)、熹平6年に没した」と記されている。
  3. ^ 「呉主伝」
  4. ^ 「文帝紀」